体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

濃厚だけどフルーティー! 「キッコーマン わが家は焼肉屋さん」シリーズから 『甘熟(かんじゅく)だれ』新発売!

テレビCMでもお馴染みの『キッコーマン わが家は焼肉屋さん』シリーズに、今年新たにラインアップされた『甘熟(かんじゅく)だれ』。もはや「焼肉店より自宅で食べたほうが美味しく頂けるのでは?」 と感じずにはいられないほど、本格的な味わいに驚かされる逸品なのだ。

 

家庭に居ながらにして、焼肉店のような味を楽しめる『わが家は焼肉屋さん』シリーズ

キッコーマン食品株式会社(東京都港区)から発売中の『わが家は焼肉屋さん』シリーズは、家庭に居ながらにして、焼肉店のような味を楽しむことができる焼肉のたれ。焼肉店特有の「もみだれ」のコクと「つけだれ」の風味を家庭でも再現するため、焼肉のたれに最適なコクとうま味が豊かなしょうゆをベースに、本みりん、砂糖などを加えて「コクのある熟成だれ」をつくり、ごま油や果実・香味野菜を加えて豊かな風味に仕上げている。

化学調味料不使用なので、育ち盛りの子どもにも安心して食べさせられるのが特徴だ。

今年新たに仲間入りした『わが家は焼肉屋さん 甘熟だれ』は、大人も子どもも楽しめる、濃厚で複雑なコクのある甘みがポイント。

バナナ、りんご、マンゴー、もも、プルーン等の果物を使い、果物そのままの自然な味わいを活かすことで、フルーティーで、複雑なコクのある甘みが味わえる。

同社の調査によれば、小学生の子どもがいる家庭では、焼肉のたれを購入する際に重視するポイントとして、「辛さ」「肉との相性」「価格」に次いで、「子どもの好き嫌い」「家族みんなで使える」といった意見が多いのだそう。小学生の子どもがいる家庭での需要が高い甘口のたれを、大人も一緒に楽しんで欲しいという思いで開発されたのが、『わが家は焼肉屋さん 甘熟だれ』というわけだ。

いざ、『わが家は焼肉屋さん 甘熟だれ』をたっぷりつけて焼肉を実食!

というわけで早速、『わが家は焼肉屋さん 甘熟だれ』をおためししてみることに。

小皿に「甘熟だれ」を出してみると、果実の粒のようなものが浮かんでいるのがよくわかる。バナナやリンゴの香りが立ち上ってくる程ではないが、通常の焼肉のたれよりもなんとなく贅沢な感じがしてくるから不思議だ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。