体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【栽培のコツ】ピーマンの育て方|家庭菜園図鑑

【栽培のコツ】ピーマンの育て方|家庭菜園図鑑

家庭菜園でもポピュラーな「ピーマン」の育て方についてご紹介します。ピーマンは、若どりすれば秋まで収穫できるから、チャレンジしてみてくださいね。

摘花&摘果と若どりで株の負担を減らす

次々に花を咲かせ、実をつけるピーマン。放っておくと一つ一つの実が大きく育ちにくくなるので、1/3は花や小さな実のうちに摘み取って(摘花、摘果)、残す実を充実させましょう。
また、完熟すると実が赤く色づくものの、そのぶん、株が疲れてスタミナ切れしてしまいます。実が緑色のうちに早めに収穫すると、株への負担も少なく、秋まで収穫できますよ。
病害虫の被害は受けにくいのですが、茎や葉が混み合うとアブラムシが発生したり、梅雨明け後に乾燥が続くとハダニの被害を受けたりします。薬剤で早めに対策を。

※寒冷地……北海道、東北、新潟県、富山県、石川県、高冷地。
中間地……福井県、関東甲信、東海、近畿、中国、九州北部。
暖地……四国、九州南部、沖縄県。

【栽培データ】ナス科
●畝のサイズ畝幅:70cm、株の間隔:70~80cm
●適正PH:6.0〜6.5
●土のPH調整(2〜3週間前)苦土石灰:100〜150g/m²
●元肥(1〜2週間前。溝施肥)牛ふん堆肥:0.5l/m²、有機配合肥料(N-P-K=3-9-10程度):180〜200g/m²、熔成リン肥:50g/m²、米ぬか:0.2l/m²
●病害虫:モザイク病、アブラムシ、ハダニなど

 

【育て方Point1】苗の植えつけ

花か蕾がついているピーマンの苗を選んで植えましょう。
栽培スペースに深さと幅15cmの溝を掘り、堆肥と肥料などを入れて畝を立てます。ポリマルチを張って苗を植え、竹ひご2本を交差させてさし、苗を固定。防虫ネットをトンネルがけします。

 

【育て方Point2】支柱立て・わき芽かき・誘引

植えつけの約1ヵ月後、防虫ネットを外し、株のわきに長さ150cmの支柱を立てます。麻ひもで、ピーマンの茎を支柱に固定。
最初の実(一番果)より下のわき芽は全てかき取り、養分の分散を防ぎましょう。

ピーマンの茎は、花(実)がつくとその上で二叉に分かれながら増えます。
一番果より下のわき芽は全てかき取り、一番果の上で二叉に分かれた茎を伸ばして育てましょう。

 

【育て方Point3】追肥

ピーマンの実がつき始めたら2週間に1回、化成肥料(N-P-K=8-8-8)40〜50g/m²を追肥。
1回目はマルチをめくり、マルチのすそのあたりに追肥してからマルチを元に戻します。以降は通路に追肥。
肥料切れを起こすと株が疲れて実つきが悪くなるので、忘れずに行いましょう。

 

【育て方Point4】収穫・摘花・摘果

ピーマンの実が緑色のうちに、こまめに収穫して株を長持ちさせましょう。
株がまだ小さいうちにつく栽培初期のころの実は、長さが3〜4cmになる前にハサミで切って収穫。以降は、長さ6〜7cmになったらピーマンの実が緑色のうちに収穫します。
株全体の花や実のうち、1/3は早めに摘み取るとよいでしょう。
若どり収穫と摘花・摘果をすることで、残ったピーマンの実は大きく立派に育ちます。

 

ピーマンは暑さに強く、病害虫の被害も少ないので、初心者でも育てやすい夏野菜です。
こまめな収穫で、株を長持ちさせましょう。
 
加藤正明

練馬区の農業体験農園「百匁の里」園主。NHK Eテレ「趣味の園芸やさいの時間」では栽培管理や講師を務める。著書に『加藤流絶品野菜づくり』(万来舎)がある。

【栽培のコツ】ピーマンの育て方|家庭菜園図鑑
家庭菜園ビギナー必見の記事はこちら!

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。