体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シャープ、海外向け18:9スマホを2機種開発

シャープは、海外向けとしては初めて 18:9 ディスプレイを採用した Android スマートフォンの未発表モデル「FS8032」と「FS8034」を開発しています。
どちらも外観はガラスパネルデザインで共通しており、スペック的に FS8034 は 5.7 インチ画面のエントリーモデルで、FS8034 は 5.99 インチディス画面のミッドレンジモデルとなりそうです。
主要なスペックは以下の通りで、FS8032 のスペックはとても魅力的です。
FS8034、5.7 インチ 1,440 x 720 ピクセルのディスプレイ、1.5GHz クアッドコアプロセッサ、2GB / 3GB / 4GB RAM + 16GB / 32GB ROM、背面に 1,300 + 500 万画素カメラ、3,900mAh バッテリー、Android 7.0 Nougat を搭載しています。
FS8032 は、5.99 インチ 2,160 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、2.2GHz オクタコアプロセッサ、4GB / 6GB RAM + 64GB / 128GB ROM、背面に 1,200 + 1,300 万画素カメラ、前面に 1,600 万画素カメラ、3100mAh、Android 8.0 を搭載しています。
Source : TENAA

■関連記事
Googleフォトにカラーポップが追加
OnePlus、OnePlus 6のマーベルコラボモデル「Avengers Edition」を発表
スマホ用3軸電動スタビライザーとHuawei P20で星空撮影

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。