体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レーザーで電力供給して飛ぶ小型昆虫ロボ「RoboFly」、ワシントン大学が開発

空を飛ぶロボット、つまりドローン類は内蔵するバッテリーが動力源となっている。あるいはワイヤーでつながれて電気を得て動いている。

しかしそれとは全く異なる技術を、ワシントン大学の研究チームが開発した。なんと、レーザービームで電気を送るというものだ。

・太陽電池セルを搭載

今回、新技術の実証に使われたのは「RoboFly」と名付けられた昆虫を模したロボット。ワイヤーなどで電気を送られることなく飛べる。

仕組みはこうだ。RoboFlyに小さな太陽電池セルを搭載し、そこにレーザービームを使って給電する。それだけでは十分ではないため、パワーを7ボルトから240ボルトに高めるサーキットも加える。

その結果、RoboFlyはワイヤレスで給電され、それをもとに羽を動かして宙に浮くことができるのだ。

・今後は“脳”の開発へ

公開されたビデオを観ると、確かにRoboFlyは本物の昆虫のように羽を動かし、わずかではあるが宙に浮いている。

実は、サーキットには昆虫の脳にあたるマイクロコントローラーも搭載している。これは、本物の昆虫のように「羽をたくさん動かす」「動かさない」のコマンドをコントロールする能力を持つ。こちらの機能の開発は、今後取り組むとのこと。

レーザーによる電力供給については、5月23日から豪州ブリスベンで開かれるInternational Conference on Robotics and Automationで発表される。

University of Washington

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。