体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleアシスタントに簡単なメモを記憶させる方法

Android で何かをメモする時には大抵、専用のアプリを利用すると思いますが、簡単なメモなら専用アプリがなくても Google アシスタントに一時的に覚えさせておくこともできます。
スマートフォンや Google Home に対して、「ねぇ、Google ○○ を覚えて」と音声で指示すると、Google アシスタントは ○○ の内容を最大 3 件まで記憶することができます。
メモ内容の確認も簡単で、「ねぇ、Google 何を覚えている?」と質問するだけです。
すると、メモした内容が日時ともに Google アシスタント画面に表示されます。
記憶できる件数は少ないものの簡単に使用できるので手軽です。
新しいメモを記憶させると Google アシスタントは古いものから順次忘れていくという潔さです。
ただ、この記憶する機能には、「すべて消去」や「1 / 2 / 3 番目を消去」という消去コマンドも用意されているのですが、現時点ではうまく機能しないようです。

■関連記事
Android TVをAirPlayに対応させてMacの画面をミラーリング
リニューアルした「Nokia 8 Sirocco」がついに発売開始、Google Home Miniが購入者にプレゼント
Google Playニューススタンドのアプリが「Google ニュース」にリニューアル

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。