体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ASUS、ZenFone 5シリーズを5月18日より国内発売

ASUS は 5 月 15 日、ZenFone 2018 年モデル「ZenFone 5 ZE620KL」「ZenFone 5Q ZC600KL」「ZenFone 5Z ZS620KL」の国内投入を正式に発表しました。
発売日は、ZenFone 5 / 5Q が 5 月 18 日、ZenFone 5Z が 6 月下旬以降です。
本日の製品発表で国内への投入がアナウンスされた上記 3 機種は、MWC 2018 で ASUS がグローバル市場に向けて発表したものです。
初お目見えの新機種はありませんでした。
価格は、ZenFone 5(6GB RAM + 64GB) が 57,024 円、ZenFone 5Q が 42,984 円、ZenFone 5Z が 75,384 円になります。
これら ZenFone 5 シリーズは ZenFone の第 5 世代モデルで、前作(ZenFone 4 シリーズ)からデザインがリニューアルしており、カメラや処理性能がアップ。
さらに ZenUI 5 を搭載したことで様々な AI 機能が利用できるようになり、進化の幅はかなり大きいと言えます。
ZenFone 5 と ZenFone 5Z との間で筐体の作りや利用できる機能にそれほどの差はありませんが、ZenFone 5Z は今のところの最新フラッグシップモデルになるので、性能は ZenFone 5 よりも上です。
ZenFone 5Q は廉価版と言ったもので、ディスプレイは 6.0 インチに縮小しており、スペックも一部下げられています。
しかし、ZenFone 5Q には、前面に 2,000 + 800 万画素のデュアルカメラが付いているので自撮りの画質や機能では ZenFone 5 / 5Z より優れていると言えます。
各機種の詳細なスペックは次の記事に掲載しております。
ASUS、ZenFone 5 / 5Z を発表ASUS、ZenFone 5 Lite / 5Q を発表私のおすすめは、やはり価格と性能のバランスがよく取れた ZenFone 5 ですね。
スペックに拘るのであれば Snapdragon 845 を搭載した ZenFone 5Z がよろしいでしょう。
性能に拘らないなら ZenFone 5Q で十分満足できるはずです。
また、自撮り機能を重要視しているなら ZenFone 5Q を決め打ちでもいいかもしれません。
Source : ASUS

■関連記事
Android TVをAirPlayに対応させてMacの画面をミラーリング
リニューアルした「Nokia 8 Sirocco」がついに発売開始、Google Home Miniが購入者にプレゼント
Google Playニューススタンドのアプリが「Google ニュース」にリニューアル

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。