体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『スーパーマン』でヒロイン役を演じたマーゴット・キダー、69歳で死去

『スーパーマン』でヒロイン役を演じたマーゴット・キダー、69歳で死去

1978年に公開された映画『スーパーマン』でヒロイン、ロイス・レインを演じたマーゴット・キダーが69歳で死去した。

『ピープル』誌によると、5月13日の日曜日、モンタナ州リビングストンにある自宅で亡くなったという。死因は明らかになっていない。

マーゴット・キダーは1978年の『スーパーマン』でスーパーマン役クリストファー・リーブと共演する前からさまざまな作品に出演。1960年代に女優のキャリアをスタートし、その後も着実に経験を積んでいた。だが、スーパーマンの相手役が転機となり、一気にスターダムへと駆け上がる。そしてその後も3つの続編、1980年の『スーパーマンII 冒険篇』、1983年の『スーパーマンIII 電子の要塞』、1987年の『スーパーマン4 最強の敵』に出演した。

これらのスーパーマン映画に加え、『悪魔の棲む家』、『暗闇にベルが鳴る』、『Heartaches』(原題)、『The Gravy Train』(原題)、『アステカの秘宝』、そして『Some Kind of Hero』(原題)など数々の映画にも出演した。晩年は、『Shell Game』(原題)、『キャプテンプラネット』、『Boston Common』(原題)などのテレビシリーズにも出演している。

マーゴット・キダーは生涯、精神疾患を患っており、1996年には一連の奇怪な逸話でニュースにまで発展した。家族から失踪届けが出され、数日後にロサンゼルスで発見された。キダーは、あるグループにつけられていたと話していたとのことだ。そして医師による観察のため、警察によって地元の医療施設に連れていかれた。彼女はその8年前にすでに躁うつ病と診断されていたと後にピープル誌に語っている。マーゴット・キダーには、一人娘のマギー・マクゲインがいる。

■参照リンク
https://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

クリス・エヴァンス、アベンジャーズの後は『第9地区』ニール・ブロムカンプ監督の新作に主演
ベネディクト・カンバーバッチ、男女のギャラが平等でなければ仕事を断るよう俳優陣に呼びかける
ケイティ・ペリー、『アメリカン・アイドル』生放送中に司会者から口説かれる!?
ヒュー・ジャックマンも太鼓判!『デッドプール2』、米国で前作や『アベンジャーズ』最新作を超えたとの声続々
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』がワールドプレミアで高評価!若きハン・ソロに絶賛の声

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。