体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自分で風を起こし、その風に乗れ」アパホテル“逆境をチャンス”に変える力とは?――代表取締役専務・元谷拓氏インタビュー

「自分で風を起こし、その風に乗れ」アパホテル“逆境をチャンス”に変える力とは?――代表取締役専務・元谷拓氏インタビュー

いまや、どの駅に降り立っても目にしない事はないほど、日本を代表するホテルグループに成長したアパホテル。フリーチェックアウトシステムやオロナミンC100万本サンプル配布など、これまでのホテルのイメージや「常識」を次々と打ち破る経営戦略で、創業以来常に黒字経営を続けています。そんなアパホテル株式会社の代表取締役専務 元谷拓氏に全2回のインタビューしました。アパホテルの「弱者の戦略」について伺った前編に続き、後編である今回は「人脈を築く・部下をまとめるための心構え/逆行をチャンスに変える力」について伺いました。

プロフィール

元谷 拓(もとや・たく) アパホテル株式会社 代表取締役専務

昭和50年5月21日石川県小松市生まれ。県立金沢二水高校卒。中央大学経済学部卒。大学1年時に宅建に合格。北陸銀行にて3年間勤務。アパグループに取締役として入社。常務取締役、アパホテル株式会社代表取締役専務に就任。リポビタンD300万本、ベビースターラーメン、柿の種3種ミックス100万食配布等各企業様と300事例超のサンプリングやコラボレーションを実現。日本最高層ホテルであるアパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉のプールをポカリスエットプールに名称変更。現役プロ野球選手やタレントのトークショー、マジックショー、真心笑顔美人No.1決定戦、累計300万食達成したアパ社長カレー、アパ社長コーヒー、アパ社長ハンカチをプロデュース。ビジネスマッチングやコラボレーション、企画提案、業務改善、セミナー等のプロデューサーとして各種団体、会合、大学等で講演実績あり。

人脈を築く、部下をまとめるには… 自分のことより相手のために「Win-Win-Win」を考える

自社発行の月刊誌「Apple Town」(約8万部発行)では、毎回各分野でご活躍の方にインタビューし、ホテル事業では様々な異業種企業とコラボレーションさせていただいています。

人をつなげる、人と何かする時に私が気をつけていることは、まず相手が何をしたいと思っているかヒアリング・分析しながらその人のニーズを把握するように努めています。その上で、自分が協力できそうなことであれば私がしますし、そうでない場合は合いそうな人を紹介します。そこからビジネスが広がる可能性が生まれますからね。

その一環として始めて、今ではアパを特徴づけるポイントとなったことが、異業種とコラボレーションしての商品開発やサンプル配布です。これまでに、「G-SHOCKアパホテルモデル」や「アパ社長うまい棒」など、様々な商品が生まれています。サンプリングは、オロナミンC100万本やベビースターラーメン100万食配布など今では約340社の企業とコラボレーションして配布させていただいた事例があります。…実はそれまでホテル業界では、特定の企業やブランドのサンプル商品をお客様にお配りする事はタブーとされてきました。同業他社のお客様がそれを目にした時、心象がよろしくない。苦情に発展しかねない…という事が理由で。

そのタブーを打ち破ってでも、アパが始めた理由。それこそが、「Win-Win-Win」を考えてのことでした。

企業側は、自社製品を知ってもらいたい、買ってもらいたい、というニーズを常に持っています。そこに、全国にネットワークを持ち、消費者と直につながるホテルという存在が介在する事で「陰褒め効果」が生まれます。第三者が間接的に伝えることで、売りつけ感がない。そして心理学でいうと、直接の営業より心に残りやすいのです。学生時代に直接本人から告白されるよりも、クラスメートから「○○さんがあなたのこと好きって言ってたよ」といわれた方が、より気になるのと同じ原理です。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。