体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インテリアコーディネート術】くつろげる部屋作りの秘訣とは?インテリアスタイリストの実例紹介

ゆったりとくつろげる、居心地の良い部屋作りのコツとは?

こだわりの部屋づくりノウハウを学ぶため、今回は東京都世田谷区にある1LDKの賃貸物件に住むS.Kさんのお部屋を訪問。

インテリアスタイリストとして、モデルルームや商業空間、雑誌や広告など幅広い分野で活躍しているS.Kさん。自宅兼仕事場の部屋は、ヴィンテージな雰囲気のある素材や小物を使っておしゃれに演出している。コーディネートの秘訣は、窮屈な印象を与えないよう大きすぎる家具を置かないことだと教えてくれたS.Kさん。グリーンを差し色に、ぬくもりのある落ち着いた雰囲気の部屋に仕上げている|【インテリアコーディネート術】インテリアスタイリストに聞く、くつろぎ部屋のつくり方

コーディネートの秘訣は、窮屈な印象を与えないよう大きすぎる家具を置かないことだと教えてくれたS.Kさん。グリーンを差し色に、ぬくもりのある落ち着いた雰囲気の部屋に仕上げているプロフィール

名前:S.Kさん(Instagram:@sisusta_kubota_shun)
職業:インテリアスタイリスト 
居住地:東京都世田谷区 二子玉川駅よりバスで10分
居住年数:2年物件データ

間取り:1LDK 
築年数:25年 自宅を仕事場とする人にとって、1LDKはピッタリな間取りだ|【インテリアコーディネート術】インテリアスタイリストに聞く、くつろぎ部屋のつくり方

自宅を仕事場とする人にとって、1LDKはピッタリな間取りだ①. 質感あふれる手作りウォールブロックでヴィンテージ感を演出

レンガ風の壁はスチレンボード製。半田ごての熱で凹凸をつけ、目地材と塗料を塗れば本物のようなザラっとした仕上がりに。マスキングテープの上に両面テープで接着しているので、原状回復も簡単!質感あふれる手作りブロックウォール|白く味気ない壁紙も、レンガ風にすることで一気にヴィンテージ感がアップ。英字のポスターを飾ると馴染む|【インテリアコーディネート術】インテリアスタイリストに聞く、くつろぎ部屋のつくり方

白く味気ない壁紙も、レンガ風にすることで一気にヴィンテージ感がアップ。英字のポスターを飾ると馴染む②. 台車を活用しローテーブルに!

S.Kさんがテーブルとして使っているのは、なんと台車。使い込まれたレトロなものを使用したことで、重厚感のある雰囲気を演出に成功している。こちらも背が低いため、空間を圧迫せず室内を広く見せてくれるる効果もある。味のある台車をテーブルがわりに。簡単に動かせるところもうれしいポイント|【インテリアコーディネート術】インテリアスタイリストに聞く、くつろぎ部屋のつくり方

味のある台車をテーブルがわりに。簡単に動かせるところもうれしいポイント③. お手軽オープンシェルフで“魅せる”収納に

ダイニングの収納棚はボックスと合板を組み合わせてDIY。ブロックごとに物のジャンルを分けてスッキリ収納している。お手軽オープンシェルフで “魅せる”収納に|【インテリアコーディネート術】インテリアスタイリストに聞く、くつろぎ部屋のつくり方

「“魅せる”ことを意識すると自然とゴチャつかないので、仕事で使うカタログや雑貨が手に取りやすくなりましたね」とS.Kさん④. グリーンで安らぎの空間づくり

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。