体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カフェの概念を覆す、ニュージーランドの最新カフェレストラン事情とおすすめカフェ6軒

ハートと体に嬉しい!最新ニュージーランドのカフェレストラン事情。
ニュージーランド玄関口でニュージーランド第1の都市、北島のオークランドまでなら東京から飛行機で11時間弱。そこから先は鉄道で移動するよりも飛行機を利用する人が多く、国内線の便数も多く便利です。

ニュージーランド現地から、最新のカフェレストラン事情とおすすめカフェ6軒をご紹介します。

カフェレストランの概念が変わるかも!もちろんいい意味で。

ハートと体に嬉しい!最新ニュージーランドのカフェレストラン事情。
NZランドではエスプレッソ系のコーヒーが人気。コーヒーならオーストラリア発祥のフラット・ホワイトがおすすめです。こちらは、エスプレッソにミルクの泡をのせたもの。あくまでもコーヒーは下に、ミルクは上にと別れた状態で出来上がりです。

ハートと体に嬉しい!最新ニュージーランドのカフェレストラン事情。
それにバーガーやサンドウィッチをはじめ、正統派から新感覚のものまで食べ物もおいしいんです。また、夕方には閉まってしまうお店や、キッチンはランチで終了という場合も多いので要注意です。

ハートと体に嬉しい!最新ニュージーランドのカフェレストラン事情。
まずはオークランドから1時間ほどの南島のクライストチャーチにある、ポップなインテリアとこだわりのコーヒーを提供する「C1エスプレッソ」のストーリーをご紹介します。

そして、こんなカフェ日本にもあったらいいなと感じさせる、厳選おいしいカフェレストラン5軒もご紹介!カフェの概念が少し変わるかもしれません。

クライストチャーチ|2011年の大地震後真っ先に戻ってきた「C1エスプレッソ」

クライストチャーチを襲ったカンタベリー大地震は多数の日本人留学生の犠牲者も出す悲惨な出来事でした。今でもその中心部には空き地が多く、修復に手を付けることができない教会などの建物もあります。

ハートと体に嬉しい!最新ニュージーランドのカフェレストラン事情。
「C1エスプレッソ」は1996年にオープンしたカフェ。開店当初から、遅くまでコーヒーを飲みながら過ごせるカフェとして人気で、DJがプレイすることもあったそうです。最初のビルは大地震で崩壊してしまいました。

ハートと体に嬉しい!最新ニュージーランドのカフェレストラン事情。
現在の建物は、元郵便局ビル。1931年に発生した大地震を教訓に耐震設計だったため、2011年の地震にも耐え、その後耐震が強化されて、C1エスプレッソが地震の18か月後に再オープンしました。

ハートと体に嬉しい!最新ニュージーランドのカフェレストラン事情。
町の中心に最初に再オープンしたカフェで、そのころは周りには何もないような状況だったといいます。コミュニティの憩いの場所として歓迎されたそうです。

ハートと体に嬉しい!最新ニュージーランドのカフェレストラン事情。
トイレへの入り口は本棚、中に入ればロボットがお出迎え。圧倒的にポップで楽しいんです。

タヒチで始めたコーヒー農園!

「震災の後、カフェは人が集まれる場所、そして、ようやく外に出てコーヒーを飲んだり食事ができる場所として、クライストチャーチの人たちに喜んで受け入れられたんだ。ちょっとお茶に寄ったり、親子で食事に来たり、ビジネスマンが打ち合わせに使ったりと、いろんな人に使ってもらっているよ。」とサムさん。たしかに、混み合う店内では、様々な人たちが思い思いにそれぞれの時間を過ごしています。

1 2 3 4次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。