体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【結論】ヨーロッパ486,713地点から、なんとかローマにたどり着ける

【結論】ヨーロッパ486,713地点から、なんとかローマにたどり着ける

おそらく想像がついていると思うけど、これは「すべての道はローマに通ず」の真偽を確かめるプロジェクトだ。

ヨーロッパ約50万もの場所をスタート地点に、それぞれからローマへの道のりを示している。

芸術的な「ローマへの道のり」

【結論】ヨーロッパ486,713地点から、なんとかローマにたどり着ける

このマップでは、線が太ければ太いほどよく使われている幹線道路を表す。

細かい道が太い道へと交わり、そしてローマへと続いているのがはっきりとわかる。物理的に距離のあるポルトガルやロシア、トルコからだって、なんとかローマにたどり着いている。

デザイナーBenedikt GroßさんとPhilipp Schmittさん、Raphael Reimannさんの3人は、道路のデータなどを利用して、各地点からローマへのもっとも早い経路を割り出すアルゴリズムを開発。その結果、芸術のようなマップが完成したという。

冷静に考えれば、他の都市を中心にしても同じような地図は作れる。だけど、誰もが幼い頃に抱いたことがあるだろう疑問への「答え」が出たということに関しては、大きなロマンを感じる。Licensed material used with permission by Moovel Lab

関連記事リンク(外部サイト)

これは、現代版『ローマの休日』だ。
この夏、ローマ市内「水飲み場」から水が流れ出ないワケ
ローマ帝国の力を示した壮大な「メトロマップ」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。