体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「仮面ライダーアマゾンズ」が真面目な特別映像を公開 ナレーションは駆除班リーダー役の俊藤光利

「仮面ライダーアマゾンズ」が真面目な特別映像を公開 ナレーションは駆除班リーダー役の俊藤光利

 2016年よりAmazonプライム・ビデオ配信限定でスタートした「仮面ライダーアマゾンズ」シリーズが、これまでに配信されたSeason1、Season2を4分間で振り返る特別映像「4分でわかる仮面ライダーアマゾンズ」をWEB上で公開した。

 今回公開された映像は、5月19日公開の映画「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」に先駆けて「公開直前特別映像」として配信されたもの。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 シリーズは現在、Season1、2から選りすぐりの映像で構成した、5月5日公開「劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season1 覚醒」、5月12日公開「劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season2 輪廻」を期間限定で上映しているが、さらにそれより短い4分間で2シーズン分をまとめており、「THE MOVIE 最後ノ審判」からの初出しシーンも収録。また、ナレーションはSeason1から最新作まで全てのシリーズに出演している、駆除班リーダー志藤誠役の俊藤光利が担当。今回がナレーション初挑戦だった俊藤も「3年間やった思い入れのある作品なので、自然に感情を込めてできました。」とコメントしている。

 なお、配信からすぐ本映像はファンの間で話題だが、このところ公開されたWEB映像には“お茶目”なものが目立ったためか(例:エイプリルフールには正統派ヒーローへの方針転換を宣言)、観たファンからは「めっちゃ真面目」「真面目な予告きた」など驚きの声が上がっている。

 「仮面ライダーアマゾンズ」は、食人本能を有する人工生命体“アマゾン”が潜伏する世界を舞台に、2人の仮面ライダーの壮絶な戦いを描いた人間ドラマ。過激な描写やハードなアクションから「異色の仮面ライダー」と話題になった。その完結作が、5月19日に公開される「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」。仮面ライダー史上初の“4D上映”中心で劇場公開される。

劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映
(C)2018劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会
画像提供:東映

関連記事リンク(外部サイト)

「銀河鉄道 999」が60分の生放送ドラマで実写化
こいつはブレイブだぜ!竜星涼とゆりやんが初キス!?
「銀魂2(仮)」佐藤二朗演じる役柄不明のキャラクタービジュアル解禁

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。