体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乃木坂46・齋藤飛鳥が学ぶ、英語で伝えたい「お母さんに贈る言葉」

乃木坂46・齋藤飛鳥が学ぶ、英語で伝えたい「お母さんに贈る言葉」
J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。5月12日(土)のオンエアでは、放送翌日に控えた“母の日”をトピックに英語を勉強しました。

「Hope life is good.」と冒頭で挨拶した齋藤。意味は「元気にしていますか?」というニュアンスとハリーが解説しました。その後、さっそく母の日について話しました。

■母の日は何もしない?

齋藤:明日は母の日です。毎年、なにか贈ったりしていますか?
ハリー:ごはんに連れていったりします。特定のものを贈るというより、商品券やお金を渡します。「使ってください」と。母親には日々お世話になっているので。
齋藤:4月が私のお母さんの誕生日なので、誕生日にプレゼントを渡して、母の日はスルーしちゃうことが多いですね。
ハリー:なんとなく気持ちはわかります。僕は1月が誕生日だから、クリスマスと誕生日を合体されちゃうことがある。でも、さりげなく何か言えたらいいよね。何かを贈らなかったとしても、LINEで「いつもありがとうね」とか。
齋藤:贈ろうかなぁ。誕生日のときは、ちゃんとプレゼントしました。今年は洋服を何着か贈りましたね。お母さんに似合いそうなブランドを探して、お店で「実家に送りたいんですけど」と言ったら、店員さんがすごく気を利かせてくれて、「メッセージカードを書きますか?」って言ってくれて、書いて送りました。

同コーナーで、たびたび話題になる齋藤の母。番組をいつも聴いているということで「ハリーさんやスタッフの方にぜひ会いたい」と言っているそう。ハリーが「来月か再来月にゲストとして来てくだされば」と言うと、齋藤は「ダメです(笑)。めちゃめちゃテンション高いんですよ。テンションが高い人に挟まれて、どうしたらいいかわからなくなっちゃう(笑)」と語りました。

■母に贈る言葉

続けてオンエアでは、ハリーが「お母さんに贈る英語の言葉」を教えてくれました。

ハリー:スタンダードなのは「いつもありがとう」ですよね。「Thanks」は「Thank you」をよりカジュアルにした言い方で、「Thanks always.」は鉄板の入り口。そのあとに、さりげない一言があるといいんじゃないかと思います。「I’m lucky to have a mum like you.」(あなたのような母がいて私はなんて幸せなの)
齋藤:いいですね。日本語では言えない。
ハリー:他にも「Thanks for being the best cook.」(世界一おいしいご飯をいつも作ってくれてありがとう)。大げさだけど、お母さんのご飯が一番だよって。世の中のお母さんは嬉しがると思いますよ。

さらに、ハリーが上級編として「You put the colours into my life! Thanks as always.」(私の毎日に彩りをありがとう) という詩的なフレーズを紹介しました。

齋藤は、母に「旅行に行きましょうと言いたいけど、恥ずかしいのでメッセージカードに書きたい」と明かしました。英語では「Dear mom, let’s take a trip soon.」と表現します。
 

今年の母の日はすでに終わってしまいましたが、ぜひ来年使ってみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『POP OF THE WORLD』
放送日時:土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。