体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デジタルペーパーで見やすくなった! キングジム、新ポメラ「DM30」を来月発売

いつでもどこでもメモ、を可能にするキングジムのテキスト入力専用端末Pomera(ポメラ)のラインナップに、新製品「DM30」が加わる。

今回はディスプレイにデジタルペーパーを採用し、乾電池で20時間駆動するのが特徴だ。価格は4万3000円(税別)で、6月8日に発売する。

・長時間作業も快適に

ディスプレイは6インチ。ポメラシリーズでは初のデジタルペーパー採用で、文字がくっきりと表示される。バックライトがないので目が疲れにくく、長時間の作業でも負荷が少ない。

また、単三アルカリ電池またはエネループ2本で20時間駆動する。乾電池ならどこでも購入できるので、バッテリーがピンチ!となってもそう慌てることはない。

バックアップ電源としてはリチウムコイン電池CR2032を使用する。

・キーボードはPC並み

テキスト入力作業で重要なのがキーボードだが、観音開きスタイルのキーボードは、開くとノートPC並みの大きさとなる。なので、出先でも素早く正確なキー操作ができる。

コンパクトなのもDM30の特徴で、畳んだ時のサイズは156×126×33ミリ、電池なしの状態での重さは450グラムとなっている。これならビジネスバックにしのばせておけそうだ。

日本では6月8日に発売する。一方、米国マーケット向けに、現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達という形でプレオーダーを受け付けている。こちらは順調にいけば今年11月の発送となるようだ。

キングジム

Pomera/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。