体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恐ろしい勢いで増加する妊婦の体重。運動も食事調整もしているのに「なんでー!」 by やまぎしみゆき

実は私、つわりらしいつわりが

全くありませんでした。

よって、初期に体重を減らすことなく

順調に体が重くなっていきました。 前回エピソード:何もかもが妊娠超初期症状に思えてくる!?赤ちゃん待ちモード全開だったあの頃 by やまぎしみゆき

標準体重だった私は、お医者さんから

「最終的な体重増加は、+7kg~13kg」

にしましょうね。というお達し。

f:id:akasuguedi:20180509153037j:plain

妊娠5ヶ月の安定期に入るまでは、

お医者さんも「運動よりも、

健康的な食事に気をつければいいですよ」

という優しいモード。

通勤で毎日5キロ以上歩いていた私は、

このままの生活で

問題ないと思っていた・・・

が。

安定期に入った妊娠5ヶ月の健診では、

「まぁまぁですが、

あまり増やさないように

食事気をつけましょうね」と

チクリと注意。

f:id:akasuguedi:20180509153130j:plain

それでも、間食はしていないし

このままでヘーキヘーキ、と

舐めてかかった妊娠6ヶ月の健診日。

プ・・プラス5kg!!!

前回より1.5kg太ったことになり、

カルテにスッと挟まれたのは

『体重指導』の赤い紙・・・。

f:id:akasuguedi:20180509153201j:plain

すっかりしょげた私は、

食生活を薄味基本の塩分少なめ!

野菜たっぷり間食NG!

油控えて蒸し料理推奨!

無理のない程度に散歩!

これでダメならどうすりゃいいの(泣)

ってくらい頑張りました。

f:id:akasuguedi:20180509153229j:plain

しかし、 どうすりゃいいの(泣)

が現実になり、

みるみるうちに増える体重。

なぜ・・なぜだ・・

わからない・・・・。

そして、

空気を吸うだけで太ると言われている

恐怖の妊娠後期に突入しました。

f:id:akasuguedi:20180509153310j:plain

妊娠8ヶ月の時点で+7.6kg。

あと2ヶ月乗り切れば、

最初お医者さんに言われていた

+7~12kgの範囲に

割と優秀な感じで収まる・・・!

この調子だ・・

この生活で大丈夫のはずだ・・

そして妊娠9ヶ月。

f:id:akasuguedi:20180509153340j:plain

・・・・・え?

+10.1kg?!

突然増えた体重。

出産までラスト1ヶ月。

体重増加のリミットまであと1.9kg。

しかし、臨月なので運動解禁です。

散歩推奨!

スクワット推奨!

f:id:akasuguedi:20180509153414j:plain

お産を促すため、

実家の周りを4時間散歩し、

掃除機をかけ、

床を磨き・・!

さあ!

出産前最後(38週5日)の健診の体重は!

f:id:akasuguedi:20180509153439j:plain

どういうことーーーーーーーー!!!

空気を吸うだけで太る説、

本当でした。

本当に恐ろしい勢いで増加していく体重。

そしてこの増えた体重は、

産後も居座ることになるのですが・・・

それはまた別の機会に・・・。 関連エピソード:「来週の健診まで1グラムも増やさないでね」鬼の指導で出産までの生き地獄が始まった… byクロ

f:id:akasuguedi:20180426101353j:plain

著者:やまぎしみゆき

年齢:30代

子どもの年齢:1歳

産後ダイエット失敗系主婦です。6歳年上の夫と、娘と犬と暮らしています。好きなものは週末の日本酒。目下の悩みは体重が減らないこと。「母が笑顔なら家族が笑顔」をモットーに日々奮闘中です。

インスタグラム:@yukiyama_27

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「来週の健診まで1グラムも増やさないでね」鬼の指導で出産までの生き地獄が始まった… byクロ
つわりが終わって急にご飯がおいしく感じる!食べ過ぎには注意して
安産だったのは、体重コントロールとラジオ体操のおかげです♪

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。