体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

竹原ピストル「お芝居は怖い」たとえば怒鳴る演技をしたら…

竹原ピストル「お芝居は怖い」たとえば怒鳴る演技をしたら…
J-WAVEで放送中の番組『TDK SUGAR WATER』(ナビゲーター:菅原小春)。5月11日(金)のオンエアでは、前回(4日)の放送に引き続き、竹原ピストルさんを招いて、芝居への取り組みや、ライブで全国をまわったエピソードをお訊きしました。

■竹原ピストル「お芝居は怖い」

最初は、菅原が竹原さんに会いたいと思ったきっかけが語られました。

菅原:お芝居はどうですか?
竹原:ライブのときは、自分が矢面に立って、うまくいってもしくじっても、100パーセント自分持ちという怖さがある反面、気楽さがあるんです。お芝居は、監督のイメージに近づけられるかどうか、というところのさじ加減だと思うので、自分ではどうにも決められないので、怖いです。
菅原:怖いですか。
竹原:“役作り”という言葉がありますけど、自分自身の考えで役作りをしたことは、今まで一度もなくて、監督にお手数をかけつつ、「このシーンはこんな感じでいいですかね」ってわざわざ見てもらって、「それでいいと思う」って教えてもらったことを、ただそのままやっている。すごく後手後手で、教えてもらったことをやっているところがありますね。
菅原:挑戦としては、嬉しいですか?
竹原:う〜ん、何でしょうね。やっぱり、怖いっていうほうが強いでしょうね。「やっぱりやめます」って言うこともできないじゃないですか。 途中で抜け出したくなるような緊張はありましたね。
菅原:映画『永い言い訳』、素晴らしかったです。私、どっちかっていうと、曲を聴いて竹原さんに会いたいと思ったというより、映画を観たのがきっかけだったんですよ。「この人、歌をやってらっしゃる方だ」「うわ〜。演じてる。すげぇ!」って思いました。
竹原:本当ですか(笑)。
菅原:自分のブルースを伝えてる人が演じるっていうのは、私は究極にすごいなって思うんです。
竹原:え!? ちょっとわからないです。どういうことですか?
菅原:演技のプロの人が自分でクリエイトしたものを表現するのは、演技でも半分できるかなって思うんですよ。だけど、クリエイトしてる人がそっち側にいくっていうのは、究極、最強にカッコイイことだなって思うんです。
竹原:そうなんですか。
菅原:だから映画を観て「すごい! ずるい! カッコイイ!」って思って。それで曲を聴いてみたら「こういうことだよな。こういう愛を持って歌ってる人だから、こういう表現を演技でもやってるんだろうな」って、勝手に思ってました。
竹原:全部、監督に教えてもらうんですから、やっとやらせてもらってるっていう感じですね。

■自分の殴り方を確認

菅原:(芝居の仕事は)続けたいですか?
竹原:続けたいですね。怖いけど楽しいですよ。僕は殴る喧嘩もしたことがないし、怒りの感情を覚えることはもちろんあるんですけど、怒りのままに怒鳴ったりしたことがないんですよ。だけど、たとえば、台本に「怒りに任せて“バコン!”と怒鳴る」と書いてあったら、やらないといけないじゃないですか。だから集中して怒りをためて「なんだてめぇ、この野郎!」と、お芝居をしたときに初めて、「俺、怒鳴るとこうなるのか」って、自分を発見できるんです。こんな顔で泣くのか、とか。
菅原:普段、“怒り”はあまりないんですか?
竹原:怒ることはいくらでもありますよ。ただ、感情のままに怒鳴るとか、怒りをぶつけることはないですね。 キッチリと話し合うほうです。怒ることはありますか?
菅原:私は感情が先に出ちゃうほうなので、勉強になります。
竹原:そこは僕のイメージ通りでしたね(笑)。ぶん殴りますか?
菅原:ぶん殴りはしないです。でも「ぶん殴りてぇな」とは思います。
竹原:(笑)。
菅原:でも、小さいときに、お父さんに殴り方を教えてもらいました。
竹原:千葉っぽい!(※菅原も竹原さんも千葉県出身)
菅原:お父さんは自然が好きで、柔らかい人なんですけど、なぜか知らないけど、小さいときに教えてもらったんです。実践したことはなかったんですけど、この間、実家で幼稚園の子とお父さんがじゃれあってて、お父さんが「かかってこいよ」って言ってたから、お父さんのお腹を使って、私がその子に殴り方を教えてあげたんですよ。
竹原:なるほど。
菅原:私、ダンスをやってるから、めちゃくちゃキレとパワーが出ちゃって。常に“怒り”で踊ってるから、すごいものが出るらしいんです。それで、お父さんのお腹がアザだらけになっちゃって。お父さんは少し酔っ払ってたけど、お腹を見ながら「俺の子だな〜」って言ってた。
竹原:(笑)。
菅原:「すごいこと教えちゃったな。お父さんのせいだな」って、娘を愛おしくも思いつつ、教えたことを後悔してたんです。自然に瞬発力とかをダンスで覚えたらしくて、殴るとやっぱり痛いらしいです。
竹原:なるほど。
菅原:そこから殴るのが楽しくなっちゃって、友だちと飲みに行ったりすると「こういう感じなんだよ」 って言って、バンバン当てると、めちゃくちゃ入るんです。
竹原:どういう飲み会なんですか(笑)。
菅原:「見て! 私の表現」みたいな感じでやると、みんな「マジでやばい。マジで勘弁してくれ」って言って。
竹原:飲み仲間が少ないのは、そこも原因じゃないですか(笑)。
菅原:そうですね(笑)。殴る話ですみません。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。