体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「艦これ」から読み解くレイテ沖海戦

「艦これ」から読み解くレイテ沖海戦 ブルネイ泊地での長門、大和ら(U.S. Naval History and Heritage Command Photograph)

 2018年2月17日~3月23日に、ブラウザゲーム「艦隊これくしょん~艦これ~」に於いて期間限定海域「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)」が開催されました。これは1944(昭和19)年10月に発生したレイテ沖海戦をゲーム中で再現したものです。ここでは、レイテ沖海戦が「艦これ」や各種映像作品でどのように描かれたかを見ていきたいと思います。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「艦これ」に登場する戦場は、太平洋戦争で実際に戦場となった場所が多いのですが、一方で、モデルとなった地名をちょっと変えて登場させている例が目立ちます。例えば、インド洋がカレー洋、ソロモン海がサーモン海という名前で登場するといった具合です。しかしレイテ沖海戦ステージでは、同海戦の戦場が実名で登場しています。2014年に「艦これ」でミッドウェー海戦を再現した期間限定海域が登場した際、筆者は「「艦これ」から読み解くミッドウェー海戦」という評論文を掲載したことがあったのですが、本稿はミッドウェー海戦に続く第2弾です。

 尚、本稿の主眼は、「艦これ」及び映像作品でレイテ沖海戦がどう描かれたかを探ることにありますので、この点を御理解戴ければ幸いです。また、私もまだまだ不勉強な点があることを事前にお詫びしておきます。

 ■レイテ沖海戦の概要

 まずは、レイテ沖海戦の概要を、「艦これ」のスクリーンショットを引用しながらご紹介します。

 アメリカ陸軍はレイテ湾に出現し、フィリピンに進攻しました。これに対し、日本海軍は戦艦や重巡洋艦等をレイテ湾に突入させて米陸軍を叩こうとしました。しかし、それには邪魔者がいました。フィリピン東側の海域に、戦艦の敵である航空戦力を擁する米海軍の機動部隊がいたのです。そこで日本海軍は、空母瑞鶴、千歳、千代田、瑞鳳を囮にしてフィリピン北東に進出させ、米機動部隊を北方に引き付ける作戦を実行しました。

 この時、日本側の4空母は迷彩が施されていた為、「艦これ」でもこれら四空母の迷彩色バージョンが登場しています。


「艦これ」から読み解くレイテ沖海戦攻撃を受ける空母瑞鳳(PHOTO:U.S. National Archives)

 これら四空母を率いた司令長官が小沢治三郎中将であったことから、この艦隊は小沢艦隊と呼ばれています。余談を2点申し上げますと、まずテレビアニメ「神様のメモ帳」第3話「僕が二人にできること」で登場人物の大学生・向井均(声・宮田幸季)が小沢を尊敬しております。また、テレビアニメ「ブレイブウィッチーズ」の登場人物・大沢義三郎(声・土師孝也)のモデルが小沢治三郎であると推測されます。

 さて、小沢艦隊が米機動部隊を北方に引き付けるのと連動して、3つの艦隊がレイテ湾を目指しました。大和、武蔵、長門と日本を代表する戦艦などを主力(旗艦は第四戦隊の重巡洋艦愛宕)とする栗田艦隊、戦艦山城、扶桑を中核とする西村艦隊、重巡洋艦那智、足柄を主力とする第二遊撃部隊の志摩艦隊です。


「艦これ」から読み解くレイテ沖海戦ブルネイを発つ武蔵(U.S. Naval History and Heritage Command Photograph)

 この続きは追い追い申し上げることに致しましょう。

 ■レイテ沖海戦を描いた映像作品

  レイテ沖海戦を描いた映像作品としては、レイテ沖海戦全体を描いた作品が2本、部分的に描いた作品が3本あります。

 まずレイテ沖海戦全体を描いた映像作品として、昭和46年のタツノコプロのテレビアニメ「アニメンタリー 決断」(総監督・九里一平)第21話「レイテ沖海戦(前篇)」及び第22話「レイテ沖海戦(後篇)」、昭和56年の東宝映画「連合艦隊」(本篇監督・松林宗恵、特技監督・中野昭慶)があります。

 レイテ沖海戦を部分的に描いた映像作品は以下の通りです。

 昭和35年の東映映画「殴り込み艦隊」(本篇監督・島津昇一、特撮監督・上村貞夫)は、架空の駆逐艦・黒雲を主役にした映画です。黒雲はレイテ沖海戦でスリガオ海峡に突入して敵艦隊と交戦した後、生還しています。史実では西村艦隊がスリガオ海峡に突入し、駆逐艦時雨が生還しています。

 昭和49年の東映映画「あゝ決戦航空隊」(本篇監督・山下耕作、特撮監督・本田達男)では、レイテ沖海戦における特攻作戦の誕生を描いています。
「艦これ」から読み解くレイテ沖海戦最初の特攻「神風特別攻撃隊・敷島隊」の攻撃を受けた護衛空母セント・ロー(PHOTO:U.S. National Archives)

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。