体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

既読スルー常習犯向けの「スマホ」

既読スルー常習犯向けの「スマホ」

メッセージは読んだけど返事はあとでいいやと思って2、3日後くらいに返す人って意外と多いはず。

別に悪気があるわけではないのに、相手からは「そんなに毎日忙しいの?」と皮肉が送られてきたり、“既読スルー常習犯”なんて呼ばれたり……。

無駄なストレスやメッセージを返さなければいけない義務感を覚えている“既読スルー常習犯””には、こんなスマホを紹介したい。

人生における大切なことを
教えてくれる「スマホ」

既読スルー常習犯向けの「スマホ」既読スルー常習犯向けの「スマホ」

デザイナーMiguel Harryさんが構想を練っているのは、人生で大切なものとは何か?を僕たちに気づかせてくれるスマホ。通話カメラだけというシンプルなスペックだ。(スマホではなく携帯電話と言ったほうが正しいのかもしれないが……。)ちなみに、ボディの表側は通話用で、裏側はカメラ用。

毎日のように送られてくるメッセージは、ときに返事をするのさえも面倒くさくなってしまう。だったら、本当に大切な人の電話番号だけを登録しておいて、必要最低限のコミュニケーションでもいいのかもしれない。楽しい雰囲気をカタチにできるカメラがあれば、自分の記憶にも残しやすいし。

たった2つの機能しかない「Moto Zen」の販売に向けて、Miguelさんはいくつかの企業に働きかけているようだ。Licensed material used with permission by Miguel Harry

関連記事リンク(外部サイト)

スティーブ・ジョブズ亡きいま、久々に欲しいと思った「スマホ」。
スマートウォッチをさらに進化させた「次世代ガジェット」
スキマ時間でも「スマホ首」を矯正できるストレッチ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。