体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

部屋の中に等身大の鹿?……そのまさかです。

部屋の中に等身大の鹿?……そのまさかです。

頭から花を咲かすこの鹿のスカルプチャーを初めて目にしたとき、私はてっきりテーブルに置けるサイズだと勘違いしていました。

だって、無理ないでしょ?まさか、と思いますもん。

どんだけデカいんスか!?

部屋の中に等身大の鹿?……そのまさかです。部屋の中に等身大の鹿?……そのまさかです。 ワタシの想像なんか遥かに超えるサイズ。ほぼほぼ等身大じゃないですか(汗)部屋の中に等身大の鹿?……そのまさかです。部屋の中に等身大の鹿?……そのまさかです。部屋の中に等身大の鹿?……そのまさかです。 なぜ?何のために?はさておき、等身大サイズの鹿、の「花瓶」だそうです。しかも花が活けられるのは角の部分のみという。もう、こういうの好きな人にだけ刺さればいいって、そういう感覚で見てもらいたいんです。部屋の中に等身大の鹿?……そのまさかです。部屋の中に等身大の鹿?……そのまさかです。

生み出したのは「この世は幸せと、おもしろいもので溢れている」をコンセプトに暮らしまわりの装飾をデザインする台湾のデザインチーム「haoshi」。日々の悩みまでちっぽけに思えてくるような、このバカバカしさこそ幸せの源。

もっと笑顔に溢れる生活。等身大の「鹿」はいかがでしょう。って、置き場所に困るわ!Licensed material used with permission by haoshi design, Twitter, Instagram

関連記事リンク(外部サイト)

「茎や葉」まで楽しめる花器
お金を払ってでも買いたい「ゴミ」
ミニマリストな生活には、ドライフラワーを。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。