体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダフト・パンクのトーマ・バンガルテル、ギャスパー・ノエ監督の新作に楽曲を提供

ダフト・パンクのトーマ・バンガルテル、ギャスパー・ノエ監督の新作に楽曲を提供

 ダフト・パンクのトーマ・バンガルテルがギャスパー・ノエ監督と再びタッグを組み、新作映画『CLIMAX』に新曲を提供していることが分かった。

『CLIMAX』予告編

 公開された予告編では、バンガルテルの新曲「サングリア」の軽快なディスコ・ビートと映像のポップな編集とは対照的な、痛々しく狂気じみた人間模様がナイトクラブらしき場所で繰り広げられている。映画に登場する飲み物のサングリアは物語の鍵を握る重要な役割を果たしている。

 鬼才ギャスパー・ノエは『カノン』(1998年)や『アレックス』(2002年)など、賛否が大きく分かれる衝撃的な問題作の監督として知られ、バンガルテルは『アレックス』と『エンター・ザ・ボイド』(2009年)の音楽も担当している。

 2018年5月13日に【カンヌ国際映画祭】で初公開されたサイコ・スリラー『CLIMAX』のサウンドトラックには他にもバンガルテルの「What To Do」やダフト・パンクの「Rollin’ & Scratchin’」、エイフェックス・ツインの「Windowlicker」などが使われている。

◎『CLIMAX』予告編
https://youtu.be/hefKfEjQnaQ

関連記事リンク(外部サイト)

ダフト・パンク、デビューALで使用のドラム・マシーンが売りに出される
ザ・ウィークエンドxダフト・パンク、最新MVに水原希子が抜擢された理由を監督が語る
新ホワイトハウス報道官、2014年のダフト・パンクに関する“勘違い”ツイートが話題に

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。