体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Die Lit』プレイボーイ・カルティ(Album Review)

『Die Lit』プレイボーイ・カルティ(Album Review)

 プレイボーイ・カルティは、米アトランタ出身の21歳。貧しい家庭で育った彼は、アルバイトをして金を稼いでは機材を購入し、曲を制作していたという。若干15歳だった2012年に、“サー・カーター”という名前でミックステープ『Young Misfit』をリリース。2015年には、米テキサス州で開催されるイベント<サウス・バイ・サウスウエスト>でパフォーマンスし、エイサップ・ロッキーに見出されると、翌2016年にはエイサップ・モブに所属。2017年に“プレイボーイ・カルティ”名義としてリリースした『Playboi Carti』が、米ビルボード・アルバム・チャート(Billboard 200)12位、R&B/ヒップホップ・チャート7位、ラップ・チャート6位の大ヒットとなり、本作からカットされたシングル「Magnolia」も、200万ユニットのダブル・プラチナに認定された。

 本作『Die Lit』(ダイ・リット)は、その『Playboi Carti』から1年振りとなる新作で、スタジオ・アルバムとしては初のリリース、つまり実質上のデビュー・アルバムとなる。プロデュースは、前述の「Magnolia」を手掛けたピエール・ボーンや、米フィラデルフィア出身のDJ・音楽プロデューサー=ドン・キャノンなどが担当。ゲストには、先行シングル「Love Hurts」にフィーチャーされたトラヴィス・スコットはじめ、ヤング・サグやリル・ウージー・ヴァート、ニッキー・ミナージュ、ブライソン・ティラー、チーフ・キーフなど、目覚ましい活躍をみせるアーティスト等が参加しているが、エイサップ・ロッキーはじめ、エイサップ・モブ所属のアーティストはクレジットされていない。

 宙を舞うように波打つシンセ、鼓動のようなビート、頭の中をループする中毒性の高いフック。ピエール・ボーンらしいトラップ~クラウド・ラップが淡々と続くワケだが、60分近いアルバムはあっという間に終わってしまい、不思議とまたリプレイしたくなる。無機質で冷たい音色のシンセ・サウンドではあるが、腹の底まで響いてくる重さや暗さ、みたいなものは無い。2017年【ブリット・アワード】やイギリスの音楽誌『NME』が主催する【NME Awards】にノミネートされた、英ロンドンのラッパー=スケプタ参加の「Lean 4 Real」や、Gunna(ガナ)をフィーチャーしたスペイシーな雰囲気のエレクトロ「No Time」、ジャジーなビートに纏いつく「FlatBed Freestyle」など、浮遊感漂うメロウで心地よいナンバーが、ところどころに配置されているからだろう。

 高速ラップも披露した遊びゴコロ満載の「Poke It Out」、2000年代中期のサウスっぽい「Pull Up」、ドレイクをそっくり真似た歌モノ「Shoota」、フロアライクなバウンスビートの「Choppa Won’t Miss」、ピエール・ボーンがフィーチャリング・アーティストとして参加した、アジアっぽいテイストの「Top」などバラエティにも富んでいて、カナダのシンセ・ポップデュオ=ピュリティ・リングの「Grandloves」(2012年)を使った「Fell in Luv」や、ジョデシィの「ホワット・アバウト・アス」をサンプリングした90年代風の「R.I.P.」、ティー・ラ・ロック&ジャジー・ジェイの大ネタ「It’s Yours」(1984年)をイメージした「Mileage」といったネタものもあり、充分に楽しみ甲斐もある。実験的・革新的要素は、新世代にもベテラン勢にも衝撃を与えたのでは?

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『Die Lit』
プレイボーイ・カルティ
2018/5/11 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

カニエ・ウェスト、現在制作中の新作/キッド・カディとのジョイントALなどのトラックリスト公開
【米ビルボード・ソング・チャート】チャイルディッシュ・ガンビーノ初登場1位、エド・シーランTOP10返り咲き
ニッキー・ミナージュ、新曲「チュン・リー」を初パフォーマンス

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。