体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

miwaも驚愕! UVERworld・TAKUYA∞の社交性がスゴイ「クラブで出会ったヤツの家に…」

miwaも驚愕! UVERworld・TAKUYA∞の社交性がスゴイ「クラブで出会ったヤツの家に…」
J-WAVEの番組『GYAO! CLUB INTIMATE』。アーティスト同士が本音で語り合うこの番組。5月11日(金)のオンエアでは、UVERworld・TAKUYA∞さん(V)と、シンガーソングライター・miwaさんの対談2週目をお届けしました。

■miwaが“かぐや姫”みたいな髪型に?

最初の話題は、miwaさんの「今だから話せるデビュー秘話」。

TAKUYA∞:俺、笑ったのがmiwaちゃんのデビュー秘話。前髪の幅が耳くらいまであった(笑)?
miwa:すごく幅広くて。高校生のときにけっこう前髪を切っちゃってたんですね。それを見たソニーの人が、今のヘアメイクさんはデビューからずっと変わってないんですけど、ヘアメイクさんを呼んで「この子をデビューさせるんだけど、髪型どうしたらいいと思う?」、「まず、前髪の幅が広すぎるんじゃないかなぁ」って(笑)。前髪の幅を狭めるところからデビューの準備をはじめました。
TAKUYA∞:ここまで伸ばさなあかんわけやもんな。なかなか時間かかったよな?
miwa:そうです。ちょっとかぐや姫みたいな状態のときもあったんです。それを隠しながら(笑)。

■ボーカリストならではのこだわり

続いて、miwaさんの音へのこだわりから、ボーカリスト同士のマイク談義となりました。

TAKUYA∞:miwaちゃんは音とか、けっこうこだわってるよな。
miwa:エンジニアさんとか、めっちゃ好きです。『miwa ballad collection 〜graduation〜』というアルバムを作るときは、ロサンゼルスでマスタリングしました。
TAKUYA∞:俺の偏見やけど、歌がうまい人って、あまりそういうことを気にする人がいない。たとえば、何のマイクで録ってるとか、訊いても知らん人が多い。
miwa:えー! 信じられない。何で録ってるんですか?
TAKUYA∞:俺はさまざま。好き過ぎて、その日の気分とか曲によってマイク買っちゃう人やから。
miwa:キリがなくないですか?
TAKUYA∞:ないけど、「これ」と思ったものを3本くらい持ってる。NEUMANN U67とBrauner、あとBLUEの3本は、いいと思って買ってる。
miwa:『ODD FUTURE』は何にしたんですか?
TAKUYA∞:これはBrauner。
miwa:何で分けてるんですか? Braunerはどういうとき?
TAKUYA∞:Braunerは海外の人がハマって使っていて、英語が乗りやすいマイクで、ハイがシャリっとしてる。この曲はもともと日本語を減らして、聴感上気持ちいいものにしたいと思ってたから。ほぼ日本語になったけど。
miwa:でも、日本語の切れるとこが面白いですね。サビとか。
TAKUYA∞:ありがとう。ちなみにマイクな何が好きなん?
miwa:ずっとデビューからNEUMANN M149 Tubeを使ってたんですけど、最近はソニーのC-800Gです。
TAKUYA∞:わかる。800Gとか俺はあわへん。でも、miwaちゃんにものすごく合いそう。
miwa:私も最初は、NEUMANNから切り替えのときがけっこうキツくて、「全然ピンとこない」、「自分の声が抜けて聞こえない」って感じで、頑張って歌っちゃったりとかして。打ち込みが多いときとかは800Gのほうがいい感じです。「面」って感じで。
TAKUYA∞:ほお、わかってるわー!

■TAKUYA∞の「友だちのつくり方」

昨年、72本のライブを行ったというUVERworld。「もうちょっとやりたい。ライブ楽しいもん」と言うTAKUYA∞さんは、演奏だけではなく「ライブ前後も楽しい」と、フットワークの軽さを感じさせるエピソードを明かしました。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。