体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベネディクト・カンバーバッチ、男女のギャラが平等でなければ仕事を断るよう俳優陣に呼びかける

ベネディクト・カンバーバッチ、男女のギャラが平等でなければ仕事を断るよう俳優陣に呼びかける

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(ドクター・ストレンジ役)や米Showtimeの『Patrick Melrose』(原題)に出演しているベネディクト・カンバーバッチは、『ラジオ・タイムズ』誌に、業界に未だにはびこっているという男女のギャラの不平等問題について、手本となる発言をした。

「ギャラと機会の平等は、フェミニズムの根本となる信条です。自分のギャラを見てみてください。女優陣のギャラを聞き、もしそれが男優のギャラより少ないなら、その仕事は断るべきです」

カンバーバッチは、自身が新しく作った制作会社SunnyMarchで、女性が多く登場する作品を作ろうと考えている。

「我々の制作会社の男性スタッフは、(パートナーの)アダム(・アクランド)と僕だけだということを誇らしく思っています。新しいプロジェクトは、環境災害の中での母親業を女性目線で描いた女性にフォーカスした作品です。投資家たちが僕の名前の食いついてくれるなら、それを女性のためのプロジェクトに使いたいと思っています。観客の半分は女性なのですから!」

今のところファンの反応は非常にポジティブだが、役の大きさに関わらずビッグネームのスターへのギャラは例外だと考える人もいる。例えば、マーク・ウォールバーグの事務所は、『ゲティ家の身代金』でアカデミー賞ノミネート女優のミシェル・ウィリアムズよりもずっと多いギャラを彼に与えていたし、マット・スミスは『ザ・クラウン』の両シーズンで女王を演じたクレア・フォイよりも多いギャラを稼いでいた。エヴァン・レイチェル・ウッドは『ウエストワールド』の主役で、シリーズを代表する顔であるにかかわらず、他の男性出演者たちよりもギャラが低かった。

Great to see a male ally with some considerable clout in his industry pledging to actually do something to help! Looking forward to seeing (and supporting) what comes of this #EqualityForAll#Equality#MaleAllieshttps://t.co/uD2qpMHHU3
– Fractio Vitri (@FractioVitri) 2018年5月11日

「同等の仕事に対して平等なギャラを支払うべきだと主張してくれてありがとう、ベネディクト・カンバーバッチ。こうした立場を取ってくれるリーダーは、どの業界にも必要だわ。#賃金に透明性を」

■参照リンク
https://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ケイティ・ペリー、『アメリカン・アイドル』生放送中に司会者から口説かれる!?
ヒュー・ジャックマンも太鼓判!『デッドプール2』、米国で前作や『アベンジャーズ』最新作を超えたとの声続々
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』がワールドプレミアで高評価!若きハン・ソロに絶賛の声
『ゲーム・オブ・スローンズ』マウンテン役が「世界最強の男」に!
ジョニー・デップが撮影現場で飲酒の末、スタッフにあわや暴行

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。