体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

俳優・千葉雄大「知らない人の誕生日を…」学生時代のエピソードを明かす

俳優・千葉雄大「知らない人の誕生日を…」学生時代のエピソードを明かす
J-WAVEで放送中の番組『FRUIT MARKET』(ナビゲーター:横山エリカ)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO RESIDENCE PARADISE FIELD」。5月12日(土)のオンエアでは、俳優・千葉雄大さんに、お気に入りの街である町田、下北沢、渋谷について語っていただきました。

■渋谷でセンチメンタルな気分に

千葉さんが上京して、大学のために初めて住んだ街は町田です。初めてアルバイトをしたのも町田ということで、東京の中で最も思い入れの強い街だと言います。

千葉:都会でビルもあるし、居酒屋さんも多くて、友だちとお酒を飲んでいたのをよく覚えています。ハイテンションな居酒屋さんがあって、二段ベッドみたいになってる店なんですけど、毎日お客さんの誕生日を祝っているんです。だから、知らない人の誕生日を毎週祝いにいっているような感じでした。そういうのも、学生ならではで、楽しかったです。

千葉さんは、有名コーヒーチェーン店でアルバイト経験があります。体育会系の現場だったとか。そのほか、千葉さんがよく行っていた下北沢や渋谷の話になりました。

千葉:僕は宮城出身なんですけど、下北沢SHELTER、屋根裏とか、ライブハウスに憧れていて、下北沢に行くとワクワクしました。あとは、渋谷PARCOも憧れていて、スクランブル交差点を渡って坂を上って、緊張しながら行ったのを覚えています。それが今(改築で)なくなっているのは、時間の流れを感じて、センチメンタルになりますね。

■ピーターラビットを演じる心得

千葉さんは、5月18日(金)に全国公開される、映画『ピーターラビット』の日本語吹き替え版でピーターの声を演じています。原作のビアトリクス・ポターの絵本『ピーターラビット』は、世界36の言語で発行され、シリーズ累計1億5000万部の世界的ベストセラーです。

映画の舞台はイギリスの湖水地方。ウサギのピーターは、たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという心優しい大親友もいます。ある日、大都会・ロンドンから潔癖症で動物嫌いのマグレガーが隣に引っ越してきたことで、ピーターの幸せな生活は一変。動物たちを追い払おうとするマグレガーと、ピーターの争いはどうなっていくのでしょう……というお話です。

千葉:『ピーターラビット』は、世界中の人から愛されている絵本が原作で、可愛らしいし、お子さんが楽しめる映画なんですけど、意外とピーターのワンパクで好奇心旺盛なところは、大人が見てもクスッと、いや、クスッとどころではなく笑えます。

さらに、後半はウルッとくる部分もあるそうです。

千葉:ピーターがあるイタズラをして、ビアとマグレガーの間を引き裂くようなところがあるんです。それも、もともと三角関係の愛らしいバトルから始まって、そういう感じになってしまったんですけど、その間を取り持つのもピーターなんです。そういったところでも大人の女性に楽しんでいただけると思います。

千葉さんは、ピーターの声を演じるにあたり、かわいいところだけではなく、「野生的なところも描けたら」と語りました。

千葉:可愛らしい小動物というよりは、ひとりの青年として演じようと思った部分があったので、そういった部分を軸として意識しました。そのなかで、コミカルなシーンが多いので、どうやったら面白くなるかとか、そういうところを考えながらやらせていただきました。

千葉さんはテーマソングも歌っているので、「エンドロールの最後まで観てください」と締めくくりました。実は、横山はこの作品のCMナレーションを担当しています。「CGもリアルで、毛並みが風になびくところも繊細に描かれていて、思わず手を出して触りたくなるほど、モフモフ感が伝わってきます」とコメントしました。ぜひ、チェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:『FRUIT MARKET』
放送日時:土曜 15時−17時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/fruitmarket/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。