体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『孤狼の血』白石和彌監督インタビュー 「仁義を大切にしている昭和の男が消えていく哀愁を描く事に心を砕きました」

白石:どうでしょう。僕も助監督が長かったので監督とキャストがうまくいっていないとか、そういう現場も多々見ていますけれども。関係は悪くないんですよ。かといって始まる前にみんなで円陣を組むわけでもないし(笑)。特別なことはしていないです。でも衣装合わせのときとかに、「こういうことをしたいんだ」とか。でもやっぱりそれは思い返すと柚月先生の原作の力のような気がしますけどね。だから田口トモロヲさんなんかも「セリフの方言を見ているだけでテンションが上がります」と言ってくれたり、みんなそういう想いはあったと思いますよ。

ーー豪華なキャストが揃いましたが、どのように決めていかれたのでしょうか?

白石:プロデューサーやキャスティングの方といろいろ話しながら振り分けていきましたけれど、東映さんとしてはオールスターキャストにしたいというのがあって、もちろん出て頂けるのであれば、というふうには思っていましたけど。尾谷も伝説のヤクザみたいな感じなんで、伊吹吾郎さんが出て下さって良かったし。昔の東映のヤクザ映画の匂いのある人が本当に少なくなってきちゃっているから、そういう意味ではこういう映画を今やるとしたら、本当にギリギリだったかなと思いました。

ーーやはりガミさん役の役所広司さんの存在感が際立っていますが、現場での他の役者さんへの影響はどうだったのでしょう?

白石:もうそれは圧倒的ですよね。やっぱり最初に現場に入って役所さんと(松坂)桃李君の二人のシーンとから撮り始めていて、徐々に警察署やって、ヤクザ事務所やってみたいなことになっていくと。役所さんが、どうやっているのかなっていうのは、みんな絶対に見ますからね。役所さんが、このテンションだったら俺たちはここまでやっていいなとか、絶対そんなの僕なんかよりたぶん役所さんを見ていたと思いますから。そういう意味では、僕が「役所さんのテンションがこのくらいかな」ってことを話していけば、みんなに伝染していって、それがほぼみんなへの演出みたいなところがあったと思います。桃李もそうですよ、間違いなく。でも役所さんがパチンコ屋に入る前の道路のファーストカット撮ったときに、「緊張した」って言ってて「役所さんでも緊張するんだ」って「ちゃんとヤクザに見えましたか?」って「はい。ヤクザに見えました、良かったです!」って。よくよく考えたら刑事だったんだけども(笑)。

korou_shiraishi_05

ーー松坂さんや永川役の中村倫也さんをはじめとする若手俳優もたくさん出演されています。東映のヤクザ映画や警察映画とは離れた世代がこの映画に出ているというところもポイントだと思います。昭和の男っぽく見せるのに、どのような役作りをされていったのか、教えてください。

白石:それはすごい重要な問題です。ヤクザ映画が時代劇になりつつあるんですよね。コンプライアンスの問題でヤクザともう会うこともだめでしょう。でも昔の役者はそうではなかったわけです。そこでいろいろ話を聞いて、日々取材をしているみたいなところがあったのですけれど、今では会うことも許されないから。実際にこんなヤクザはもういなくなってきてるしね。それが、ある程度過去の映画を観るとか、想像の中でやっていくしかないから、役者は大変だと思いますよ。だからできるだけ、どういうことなのかという話をして、衣装とか髪型で少しでも気持ちを作って貰っていくということですね。

ーー脱法行為も作品の随所に描かれています。

白石:助監督をやっているときにヤクザの方たちに取材をして一緒に映画作ったことがあって、そういうときに、そこの組の若い人たちが手伝ってくれるわけですよね。仲良くなって話をしていると、「俺もさ、懲役行きてぇんだよね」って言っていて。「懲役、行きたいものなの?」と聞くと、「数年入ったら何百万か貰えるし、いい思いできるんだよ」と言われた事とかね。そういうことは実際に会って話を聞かないと分からないじゃないですか。そういうことを日常会話で聞くことなんてできないから。僕はまだギリギリちょっとは少し聞いたことがあるし、そういうことを例えば倫也君とかに「こんな感じだったよ」とか伝えたい。後は、もう書物を読んでということですね。

前のページ 1 2 3 4次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。