体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題の高架下に潜入!秋葉原~御徒町間にある「2k540 AKI-OKA ARTISAN」ってどんなとこ?

“ものづくり体験”が楽しい、2k540 AKI-OKA ARTISAN

みなさんは“高架下”と聞いて、どんなイメージを抱くだろうか?
赤提灯の飲み屋街?ベロベロに酔っぱらったおっちゃんたちが楽しげに飲んでいる、なんてイメージをもっているのならば、それはもう古い! 今や高架下はホットスポットなのである。

どこか近寄りがたい雰囲気があった高架下も、近年では続々と再開発が進み、今ではおしゃれな商業施設へとリニューアルを果たしているのだ。こんなおしゃれな高架下のある街に住んだら、どんな生活ができるだろう。

そこで今回は、御徒町と秋葉原の間にある高架下、「2k540 AKI-OKA ARTISAN」を紹介する。秋葉原、御徒町ってどんな街?

秋葉原といえば、いわずと知れた電気街、そしてアニメや漫画、ゲームの聖地という印象をお持ちではないだろうか。賑やかすぎて住むところはあるの?なんて思われがちだが、電気街をはずせば閑静な住宅街が広がっている。JR山手線や京浜東北線、総武・中央線、日比谷線やつくばエクスプレスなど、交通の便も良好だ。

一方、御徒町はどうだろうか? うって変わってこちらはどんな街か、印象の薄い人も多いのではないだろうか。JR山手線と京浜東北線が通っているため交通の便はよく、近年新しい施設が建つなどして賑わいを見せている地域でもある。2017年に御徒町駅前にオープンしたパルコヤ(PARCO_ya)|パルコヤ上野の外観 2017年に駅前にオープンしたパルコヤ(PARCO_ya)すぐそばに上野アメ横があるせいか、御徒町駅の周りも飲食店が多い|御徒町駅周辺の様子

すぐそばに上野アメ横があるせいか、御徒町駅の周りも飲食店が多い

さて、そんな秋葉原と御徒町の間にある高架下商業施設が話題を呼んでいることはご存じだろうか? そう、それが「2k540 AKI-OKA ARTISAN」である。下町に根付く「ものづくり」文化を体感できる御徒町-秋葉原間の高架下

古くから職人の街として栄え、今なおジュエリーや革製品を取り扱うお店が数多く点在する御徒町周辺。このところ再開発が進み、2017年11月には松坂屋上野店南館跡地に地上23階の商業複合施設・上野フロンティアタワーがオープンするなど、今最も熱いエリアの一つだ。

また、御徒町からJR山手線で一駅の秋葉原は、言わずと知れたクールジャパンの最前線。アニメファンはもとより、海外からの観光客も多数訪れる、近年国内外から注目を集める流行発信基地なのだ。

そんな伝統と流行が入り乱れた御徒町-秋葉原間の高架下に、“ものづくり”をテーマにギャラリー、工房、カフェなどが集う「2k540 AKI-OKA ARTISAN」が誕生したのが、2010年12月のこと。2k540 AKI-OKA ARTISANの入り口にはこんな可愛らしい看板が!|2k540 AKI-OKA ARTISANの入り口 2k540 AKI-OKA ARTISANの入り口にはこんな可愛らしい看板が!なんだか秘密基地のような雰囲気|2k540 AKI-OKA ARTISANの店内 なんだか秘密基地のような雰囲気施設名の由来について、相手にクイズを出してみると楽しいかも|店内の床に描かれた2k540 AKI-OKA ARTISANのロゴ

施設名の由来について、相手にクイズを出してみると楽しいかも

このスポットの特徴は、ショッピングはもちろんのこと、“ものづくり”が体験できるワークショップが定期的に開催されたり、オーダーメイド商品を作れるお店があること。

ちなみに「2k540」とは、鉄道用語で東京駅起点での距離を表し、「AKI-OKA」とは、秋葉原と御徒町の中間を指す。さらに「ARTISAN」とはフランス語で「職人」を意味しており、つまり「2k540 AKI-OKA ARTISAN」とは、“東京駅から2k540m付近の秋葉原-御徒町間にある職人街”ということになる。

職人が集まる場所というだけあって、出店しているお店は個性派ぞろい。訪れる際にはぜひ、“ものづくり”というテーマを意識したプランを立ててほしい。ハンモック席もある「Cafe ASAN(カフェ アサン)」で優雅にティータイム

まず訪れたいのは、「2k540 AKI-OKA ARTISAN」のちょうど真ん中あたりにある「Cafe ASAN(カフェ アサン)」。人の顔を模したキャッチ―なロゴがお出迎え|「Cafe ASAN(カフェ アサン)」(2k540 AKI-OKA ARTISAN)の入り口のガラス扉

人の顔を模したキャッチ―なロゴがお出迎え

アジアンアニメーションカフェの略で、“ギークも、OLも、外国人も、サラリーマンも混じり合うカオスな情報空間”を目指しているらしい。店内には通常席とは別にハンモック席のカウンターが設けられており、女子と来れば盛り上がること間違いなし|「Cafe ASAN(カフェ アサン)」(2k540 AKI-OKA ARTISAN)の店内
1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。