体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

壁をタッチスクリーンにしてしまうガジェット

壁をタッチスクリーンにしてしまうガジェット

多くの人がいるミーティングで、スクリーンに映し出した資料に書き込みながら話を進められたら、議事録をとるよりもずっと効率的でしょう。

カンタンにこれを実現してくれるアイテムが、クラウドファンディングサイト「Makuake」で資金調達中です。

どこでも文字が書き込める

壁をタッチスクリーンにしてしまうガジェット

「GoTouch」は、壁やプレゼン資料などを文字が書き込めるように変身させるアイテム。赤外線を発信するセンサーを搭載している本体とペンのセットになっています。

使い方は簡単。GoTouch本体を書きたい場所に向ければ、その部分にペンを使って自由に書き込めるように。もしもプロジェクターから投影する場合は、専用アプリをダウンロードしたスマホやタブレットに記録を残すことができます。壁をタッチスクリーンにしてしまうガジェット

赤外線の届く範囲ならいかなるものをタッチ式に変えられるため、壁やモニターだけでなくTV画面やパソコンのスクリーンなどにも使えるそうですよ。Licensed material used with permission by Makuake

関連記事リンク(外部サイト)

ノートみたいに使える「ホワイトボード」。
たった100円でMacBookをタッチ対応に
頭につけるだけで、集中力が鍛えられるガジェット。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。