体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

わたしが「一目惚れ」した彼に冷めた理由

わたしが「一目惚れ」した彼に冷めた理由

 

誰にだってある。思い出すと、ほのぼのしたり、なんだか恥ずかしくなったり、切なくなったり、涙がこぼれそうになったり。そういう特別な感情が生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。

#12 「一瞬の夢」

 

一目惚れだった。
顔も声もスタイルもすべてがタイプ、そういう人ははじめてだった。

出会いは仕事関係のパーティー。だけどそんなのはお構いなし。挨拶をした勢いにまかせて連絡先を聞き出した。

すこし会話してわかったのは、香港在住ということ、今は仕事の都合で一時帰国中ということ、そして1週間後に香港へ戻るということ。

 

はやく想いを伝えたくて、その場でデートに誘った。

「明日の夜、ご飯行きませんか?」

すんなりOKが出た。

でも当日になって、「仕事が片付きそうにないから会えない」と連絡が。何度か同じようなやりとりをしているうちに、彼が香港へ戻る前日になってしまった。

焦ったわたしは、「今日も夜遅くまで仕事だと思うけど、どうしても会いたい。何時でもいいから家に来て!」と連絡をした。「行けるようにするね」と、返事こそいつも通りポジティブだったけど、会えなかった時に深く落ち込みたくなかったし、「来ない可能性の方が高い」と自分に言い聞かせていた。

そして夜。9時ちょっと前だったかな。なんと彼から「これから行くね」と連絡がきたのだ。

嬉しくて嬉しくてどうしようもなくて、枕に顔を押し当てて「あわああああわああわーーーー」と、言葉にもなっていないおかしな擬音語を叫んだ。

1時間ほど経って、本当に彼が家にきた。
想いを伝えるタイミングを見はからいながら、いろんなことをはなした。

 

たぶんあれは大学時代所属していたサークルについてはなしていた時だろう。何の前触れもなく、唇にチュッとしてきた。

「ん?え?何で今?」素直にそう思った。彼は平然とはなしに戻ったし、わたしも同調している風を装って会話を続けた。が、キスのせいで「告白する」という当初の目的は頭の中から一掃された。

そうこうしているうちに時間は過ぎ、彼は終電で帰宅。どういう意味のキスだったのか、考えても考えても彼の気持ちはわからないままだ。

ただそのムードもへったくれもないキスのおかげで、わたしは一目惚れという夢から冷めた。やっぱり外見なんて頼りにならないし、ムードを作れない男はつまらない。そう確信した夜だった。

 

協力:K.O(PR会社勤務、26歳)

関連記事リンク(外部サイト)

思い出のキス#02 「スパイダーマンキス」
思い出のキス#11 「見慣れているはずの寝顔に」
18歳。「ずるい大人」を知った、あの夜のこと

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。