体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファンから薦められた『本屋さんのダイアナ』は、本がたくさん読みたくなる一冊——アノヒトの読書遍歴:広瀬彩海さん(後編)

ファンから薦められた『本屋さんのダイアナ』は、本がたくさん読みたくなる一冊——アノヒトの読書遍歴:広瀬彩海さん(後編)

「こぶしファクトリー」リーダーの広瀬彩海さん。2011年、12歳のときにNICE GIRL プロジェクト!研修生としてアイドル活動をはじめ、2015年からは結成と同時に「こぶしファクトリー」のメンバーとして活動しています。広瀬さんは音楽活動をする傍ら、普段からかなり本を読むといい、多いときは月に40〜50冊も読むそうです。そんな広瀬さんに、前回に引き続いて日頃の読書生活についてお話を伺いました。

——今まで出合った本の中で、印象に残っているまたは思い出の一冊があればぜひ教えてください!
「住野よるさんの『また、同じ夢を見ていた』という一冊ですね。住野よるさんは『君の膵臓をたべたい』で知られている方だと思いますけど、私も一番初めは『君の膵臓をたべたい』を読んでとても感動して、それで住野よるさんのことがすごく気になって、この小説を読みたいなぁっていう風に思って手に取ってみたんです。読後感としては、すごくすっきりするんですけど、悲しいとかそういうことはまったくなくて、心が温まるような結末になっているんですけど、でもちょっとこう感動してホロリと泣けるような作品になっています」

——具体的にはどんな内容になっているのでしょうか?
「奈ノ花ちゃんっていう小学生の女の子がいるんですけど、ちょっとツンとしていて、自分のことを賢いという風に思っていて、お友達があまり少ないといった女の子です。そんな奈ノ花ちゃんが、3人の女性に出会っていろいろな話を聞いて少しずつ自分の中での問題を解決していって、どんどん大人になっていくというお話です。私自身、18歳のとき、そういう風にちょっと尖っていた時期とかもあったので、自分の境遇とも重なりました。なので、学生の方は、一度はあったんじゃないかなっていう経験もたくさんこの本の中に出てくるので、自分の境遇に重ねて読むのも楽しいと思いますし、自分自身を見つめ直せるような本でもあると思います」

——「感動する作品」ともお話していましたね。
「私は本当に涙もろいというか、本で感動してしまうとすぐに泣いてしまうタイプなので、それもあってすごい泣けましたね。『君の膵臓をたべたい』もとても泣けたんですけど、また違った感動が待っていてすごく面白いなぁと思いました」

——この本との出合いは学生時代のときでしょうか。
「はい。最近では、印象に残っている本というと、柚木麻子さんの『本屋さんのダイアナ』ですね。私は結構ブログとかで、ファンの皆さんにオススメの本を聞いたりすることがあるんですけど、そのときに『この本を読むとすごい本がたくさん読みたくなるよ』と教えていただいて、それで読んだんです」

——どんな人物が登場する作品なのでしょうか。
「小学3年生のダイアナちゃんっていう主人公と彩子ちゃんっていう二人の女の子のお話です。ダイアナってちょっと外国人っぽい名前が付いているんですけど、「大穴」と漢字で書くんですが本人はすごいコンプレックスを抱えているんです。それと、『自分の事をティアラって呼んで』という大穴ちゃんのお母さんも登場します。大穴ちゃんはそのお母さんに髪の毛を金髪に染められて、その金髪に染められている傷んだ髪とかもすごい嫌で、最初は自分の事を全面的に否定していて、しかも同級生にからかわれたりとかもしていたんです。そんなときに彩子ちゃんが大穴ちゃんの事を助けてくれるんです。2人は『本好き』という一つの共通点からすごく仲良くなっていくんですが、育ってきた環境がまったく違うので、すれ違う部分とかもあったりしながら、長い時間をかけて友情を育んでいくんです」

——まったく違う環境で育ってきた2人の女の子のストーリーなんですね。
「2人ともすごく魅力的で可愛らしくって女の子らしい子たちなんですけど、私としてはすごく彩子ちゃんの人間性というか、正義感の強さっていうのにすごい憧れを持っています。一方の大穴ちゃんは最初『自分なんて、自分なんて』っていう風に思っている部分があって、それってでもすごく女の子だったら誰でもわかるんじゃないかなって思っていて。自分のこういう部分が嫌だなぁとか、それは外見でも内面でもそうだと思うんですけど、そういう部分にも共感を持ちましたし、でも彩子ちゃんのような、周りに自分をすべて肯定してくれるような女の子がいたら、それだけで本当に救われるんじゃないかなっていう風にも思って。こういった2人の友情だったりとか、足りないものを補い合うような関係っていうのにすごくいいなぁっていう風に惹かれましたし、私自身もすごく仲の良いお友達だったりとか、いつも一緒に活動しているこぶしファクトリーのメンバーだったりとかと一緒にいるときは、彩子ちゃんみたいな自分を、というか相手を守れるような、すべてを肯定できるような温かい人になりたいなぁっていう風に思ったりもしています」

——広瀬彩海さん、ありがとうございました!

<プロフィール>
広瀬彩海 ひろせあやか/1999年生まれ、神奈川県出身。アイドル。女優。ハロー!プロジェクトに所属する5人組アイドルグループ「こぶしファクトリー」のリーダー。2011年、NICE GIRL プロジェクト!研修生として活動を開始。2015年1月に現在所属する「こぶしファクトリー」の結成が発表されメンバーに加わり、同年3月にリーダーに就任した。グループとしては音楽ライブやイベントなどの開催を中心に活動を行い、今年3月にはニューシングル『これからだ!/明日テンキになあれ』をリリースした。

■関連記事
多いときには月に50冊くらい本を読む——アノヒトの読書遍歴:広瀬彩海さん(前編)
『安楽死を遂げるまで』にはいずれ誰もが直面する問題が描かれている——アノヒトの読書遍歴:舛添要一さん(後編)
『都知事失格』は、知事を経験した人が知る正しい情報を伝える一冊——アノヒトの読書遍歴:舛添要一さん(前編)

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。