体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<僧侶が指南> 恋愛、人間関係、将来のこと… 学生の悩みを解決に導くひと言

<僧侶が指南> 恋愛、人間関係、将来のこと… 学生の悩みを解決に導くひと言 坊主バー 坊主バー

大学生・専門学生になり、一気に交友関係が広がったり、将来が現実的になったりして、悩みや不安を抱えている人も多いはず。誰かに話を聞いてもらいたい時もあるでしょう。

そんな日は、僧侶がやさしく道を照らしてくれるカフェやバーを訪れてみるのもいいかもしれません。人生相談に訪れる若いお客さまも多いとか。今回は、東京・四谷にある「坊主バー」の店主であり僧侶の藤岡善信さんに、学生客が抱えがちな悩みと、その対処法を聞きました。

 

坊主バー穏やかな雰囲気で、フランクな笑いや例えも交えながら、話してくれる藤岡さん

 

断る勇気”を持つことで、思い通りの人生を歩んでいける

【人間関係の悩み】

Q:サークルなど、大勢での飲み会が苦手だけど、なかなか断れません…

「性に合わないところに行く必要はないでしょう。“人間関係が広がる”といったメリットを期待しているかもしれませんが、嫌々行っても、あまりうまくいきませんよね。

無理して行くことよりも、「私は行きません」とはっきり意思表示できるようになることの方が、重要だと思います。断る勇気を身につけられると、ラクに生きていけますよ。勇気が必要だし、陰口を叩かれる怖さもあると思いますが、「関係ない」と言える強さを持ってほしいですね。まずは一度、「今日は行けない」と断ってみると、気持ちがラクになるはずです。

将来のことと同じで、周りの人や世の中に操られてはダメ。自分が人生の主人公にならなきゃいけません。断る勇気を身につけ、本音で生きられるようになれば、理想の生き方に近づいていけます。サークル内で「毎回飲み会に来るわけじゃない」というキャラクターが確立できたら、あとは自由です。飲み会に参加したい時は、参加すればいいですしね」

<僧侶からのひと言>

坊主バー「人生では、今の一瞬を大切にすることが重要。人に合わせずに、自分の意志を尊重してあげましょう」

 

勉強や遊びで充実させて、深みにはまらないことが恋愛のコツ

【恋愛の悩み】

Q:気になる異性にLINEをしても、既読スルーされてばかりで不安です…。

「その相手のことしか考えていないから、気になるんです。勉強やサークル、アルバイトで目一杯忙しくしちゃえばいいんです。自分が忙しければ、既読を気にする余裕もなくなります。

恋愛もいい経験ですが、好きな人に深くハマってしまうと、苦しみの種しか生まなくなります。恋愛は思うようにいかないものなので、考えすぎない方がうまくいきますよ。

あと、思いや感情は移り変わるものです。人間の集中力は、そんなに長く続かないので、ずっと悲しい状態でも苦しい状態でもないはずです。友達とご飯に行くなど、楽しいことが起きれば楽しい気分になって、恋愛で落ち込んでいる感情がすべてではないことがわかります。人生は、好きなことや楽しいことでいっぱいにしている方が、幸せになると思いますよ」

<僧侶からのひと言>

坊主バー「恋愛において、どんな感情も永遠に続くことはありませんよ」

 

他者に委ねる人生では、本当にやりたいことが見えてこない

【将来の悩み】

Q:就職活動が始まろうとしているのに、やりたい仕事が見つかりません。

「主体的に生きてこなかった結果、と言えるでしょう。周りが受験しているから『やばい、自分も受験しないと』と焦らされてきませんでしたか? 敷かれたレールの上を無意識で歩いていると、じきに迷いが生じるかもしれません。

仏教では「自灯明(じとうみょう)」という言葉があります。他を拠り所とすると、迷いや苦しみ、失望感を味わうため、自らを拠り所にしないとならないという意味です。「法灯明(ほうとうみょう)」という言葉もあり、法=真理ということ。経験から見えてくる正しいもの、確かなものを、頼っていきなさいという意味です。

自分自身で主体的に選択するためには、周りの意見を聞きすぎないことです。親や友達の意見は置いておいて、抱えている本音は何か、自分に聞いてみることが大切です。選んだ結果、失敗してもいいんです。どこかで成功した時に、自分の判断に自信がつきます。直感力が磨かれると、自分に合うものが見えてくると思いますよ」(藤岡さん・以下同)

<僧侶からのひと言>

坊主バー「就職活動でも言われることですが、自己分析をして自分を知ることは、何事においても大切です」

 

無意味と思えることこそ、人間としての深みを出す糧となる

【学業の悩み】

Q:今勉強していることが、将来的に役に立たない気がして、無意味に感じられてしまいます。

そもそも勉強する意味って、学生のうちはわからないですよね。社会に出てから『あの時、勉強しておけばよかった』と思うもの。勉強だけに専念できる時期って、学生の間しかないので、全うしてもらいたいと思います。その経験は、いずれすごい財産になりますよ。

学ぶ内容そのものが無意味に感じられるとしても、とことん勉強することが大事だと思います。何事も、無意味なことを一生懸命することが大切。仏教の修行でも、無意味でしかないことはたくさんあります。でも、そこにひたむきに向き合うと、喜びを覚えるようになるんです。

きっと損得で考えてしまうんですよね。すべてのことに意味を求めると、苦しくなると思います。無意味なこと、利益がないこと、利得がないこと、誰にも評価されないことを無心にやっていくと、人間の深みが出ます。数年後、数十年後に意味を見出せると思います」

<僧侶からのひと言>

坊主バー「無意味だと思っても、ひたむきに励むことで、将来は明るくなりますよ」

 

心を磨いて洗練させることで、身近な人の素敵な部分に気づくことができる

【恋愛の悩み】

Q:恋愛したいのに、好きな人が見つからない場合はどうすればいいですか?

「たまたま出会っていないのか、自分の思うように愛してくれる人が現れないのか、どちらかだと思いますが、待っていてもダメです。とはいっても、相手を探しに行くのではなく、自分のモチベーションを常に高めておくことが大切。楽しいことをして幸せな状態にしておくと、恋も仕事も楽しくなります。素敵な人も寄ってくるでしょう。

自分の殻に閉じこもって、感知する能力が鈍っている可能性もあります。舌の感度が洗練されているほど、薄味の食事の深みに気づけるのと同じように、心も洗練されているほど、人の素敵な部分が目に入りやすくなります。心のくすみが取れれば、いつでも恋ができます。

心を磨くためには、殻を破り、プライドを壊そうという自覚が大事です。足元に落ちているものに感謝してみましょう。何気ない1つ1つのことに感動することで、気持ちが柔軟になり、自然と殻も破れていきます。焦らずに立ち止まって、自分の立っている場所を意識することが大切です」

<僧侶からのひと言>

坊主バー「『脚下照顧(きゃっかしょうこ)』とは、足元をよく見なさいという意味の言葉です。感謝の心を持てば、人の素敵な部分も見えてきますよ」

 

まとめ

坊主バー

藤岡さんのお話で共通していたことは、「主体的に生きること」「意識的に自分の思考を変えていくこと」でした。悩みを抱えつつなんとなく生きていたら、人生は変えられませんが、少しだけ意識して自分の行動を振り返ることで、違う道が見えてくる。特別なものは必要なく、誰にでもできることですよね。「坊主バー」で話を聞いてもらうだけでも、気持ちがリセットできることでしょう。未成年の学生さんはアルコールフリーのドリンクで♪

  ■取材協力

坊主バー

坊主バー

東京都新宿区荒木町6 AGビル2F

【営業時間】19:00~24:00

【定休日】日曜・祝日

http://vowz-bar.com/

 

取材・構成・文:有竹亮介(verb)

撮影:今仲俊介

関連記事リンク(外部サイト)

[業界から指名の絶えないヘアメイクアーティスト] ブレア学園学院長・柳延人『得意じゃないことに一生懸命挑んだほうが、活路を見出せる』~MiAが行くvol.2~
ゲス極“ほな・いこか”も女優“さとうほなみ”も、どっちも私――やりたいことがあるなら「やってまえ!」の精神
アーティスト・鈴華ゆう子(和楽器バンド)インタビュー「やり甲斐を求めて働いたアルバイト経験が、今の自分を支えている」

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。