体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ギレルモ・デル・トロ、Netflixで新しいホラーアンソロジーシリーズを手掛ける

ギレルモ・デル・トロが、Netflixで新しいホラーアンソロジーシリーズを手掛ける。

Netflixは、新番組『Guillermo del Toro Presents 10 After Midnight(原題)』の製作を決めた。アカデミー監督のデル・トロが、洗練されたホラー・ストーリーを厳選するという。

デル・トロはクリエイターとエグゼクティブ・プロデューサーを兼務し、幾つかのエピソードで脚本と監督を手掛ける。また、脚本家と監督のチームを自ら選び、ストーリーに命を吹き込む。現段階では、まだエピソード数や公開日は明かされていない。映画『シェイプ・オブ・ウォーター』のプロデューサーのJ・マイルズ・デイルも、エグザイル・エンターテイメントのゲイリー・アンガーと共にエグゼクティブ・プロデューサーとなる。

Netflixとデル・トロのコラボレーション・プロジェクトとしては、すでにアニメシリーズ『トロールハンターズ』がNetflixで公開されており、そのシーズン3が5月25日(現地時間)に配信開始される予定だ。『Guillermo del Toro Presents 10 After Midnight(原題)』は、デル・トロにとってNetflixにおける初の実写作品であり、また、初のホラーアンソロジーシリーズとなる。

デル・トロの作品の『シェイプ・オブ・ウォーター』は作品賞、監督賞、作曲賞、美術賞の4部門でアカデミー賞を受賞した。デル・トロの作品には映画『パンズ・ラビリンス 』、映画『デビルズ・バックボーン』、映画『ブレイド2』、映画『ヘルボーイ』、映画『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』、映画『パシフィック・リム』などがある。テレビではドラマ『ストレイン』の共同クリエイターを手掛けた。本作はシーズン4を最後に2017年に終了した。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。