体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ゆうたろうが推す、今月のit movie』


(c)Frenesy, La Cinefacture

今月のit movieは…
『君の名前で僕を呼んで』

<ゆうたろうコメント>
愛をまだ経験してない僕にはとても勉強になる作品でした。
「恋愛映画」というジャンルだけを前もって知って観たんですけど、異性同士の恋愛も勿論、同性同士の描写もあって、愛には年齢も性別も国境も関係ないんだなぁって。
エリオ役のティモシー・シャラメが切なく泣いたり、無邪気に笑ったり、飛びつくように抱きついて愛情表現をしたり…。素でエリオを演じているようで、観ていてすごく素直で健気で可愛らしかったです。是非女の子に観てもらいたい作品でした。


(c)Frenesy, La Cinefacture

▼story
1983年夏、家族に連れられて、北イタリアの避暑地で夏を過ごすことになった17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。
一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオはオリヴァーへ特別な気持ちを抱くようになっていく。夏の真ん中で激しく恋に落ちるふたりだが、夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

▼Information
『君の名前で僕を呼んで』
全国公開中

監督:ルカ・グァダニーニ 
出演:アーミー・ハマー、ティモシー・シャラメ、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサール、エステール・ガレル
配給:ファントム・フィルム
公式HP:http://cmbyn-movie.jp 


https://www.youtube.com/watch?v=VoRup4_FbTc]
 

■ゆうたろう
1998年6月3日生まれ。広島県出身。新世代のファッションアイコンとして注目されるモデル兼カリスマ店員。
​”謎の美少年”としてバラエティ番組への出演で注目を集め「行列のできる法律相談所」でデビューを果たして以降、様々なテレビ番組へ出演。今年3月舞台に初挑戦し、今後多方面での活躍に注目が集まる。

Instagram:@aaaoe__

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。