体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2018年春大リニューアル!新しい東京タワーの景色が絶景すぎた

2018年春大リニューアル!新しい東京タワーの景色が絶景すぎた

フォトグラファー・ライターの「もろんのん」です。
旅、ファッション、人物などのポップな写真をInstagramにアップしています。

東京のランドマーク「東京タワー」の展望台が、2018年3月3日にリニューアルしたと聞いて、新しい展望台から東京を眺めようと、友人と2人でさっそく遊びに行きました。

生まれ変わった展望台から東京を眺める

誰もが知っている東京のシンボルは、東京都港区の芝公園内にあります。徒歩5分の東京メトロ大江戸線赤羽橋駅をはじめ、都営三田線御成門駅、東京メトロ日比谷線神谷町駅、都営浅草線大門駅からも徒歩10分圏内と、アクセスの良い立地にあります。

リニューアルオープンした「トップデッキ」を体験するには「トップデッキツアー」への参加が必須。日時指定の事前予約制のため、あらかじめ予約ページから申し込んでおきましょう。

東京タワー エントランス

東京タワー1階の入り口は、ちょっとレトロな映画館のような雰囲気です。受付を済ませて、トップデッキツアーはここからスタート! アテンダントさんが東京や東京タワーの案内をしてくださいます。
まずは高さ150mのメインデッキ(旧称:大展望台)へ。プラットフォームで、レモン風味のウェルカムドリンクをいただき、トップデッキエレベーターでさらに上がります。

トップデッキ内観と友人

高さ250mのトップデッキへ到着。幾何学的に並んだ鏡の天井や壁が印象的です。

トップデッキから東京の街を眺める友人

ここで、窓のある室内での人物撮影のポイントをご紹介! 窓に対して、横から撮ると、自然光が肌を照らし、透明感のある写真になります。

貸し出しスマートフォン型音声ガイド

展望台から望めるスポットがわからなかった時に、参加者全員に無料で貸し出されるスマートフォン型音声ガイドを使えば、スポットの名称や説明を音声とテキスト表示で知ることができます。

双眼鏡をのぞく友人

無料で双眼鏡も貸してくれるので、遠くをこれで眺めることもできちゃいます。

トップデッキからの景色
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。