体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安定期に入って急激に増えたおりもの。夏場は匂いが気になってしまう…

f:id:akasuguope01:20170826114945j:plain

妊娠とは不思議なもの。大好きだったものが食べられなくなったり、急に体質が変わったりといろいろな変化があります。その中でも、私の経験で一番といっていいほど大変だったのはおりものでした。

上の子どもは現在10ヶ月、年子で現在妊娠7ヶ月ですが、どちらの妊娠中もおりものの量が多く、夏場の妊娠期間ということもあり、臭いや量の処理が大変でした。そんなおりものの妊娠前、後との違いをお話します。

私は妊娠前、おりものは多くない方だったと思います。妊娠するまでは、おりものをほぼ気にすることなく過ごしてきました。妊娠したいと思い、妊活を始めた時から色々な情報をインターネットで調べたりしていると、妊娠するとおりものが増えるという情報が目にとまりました。

妊娠に敏感だった私は、その情報に飛びつきました。それからは、おりものが少しでも多くなると「妊娠したかな…妊娠してるといいな…」と思い、妊娠していないと落胆する、そんな日々の繰り返しでした。

正直、おりものから得る情報に頼り切っていた部分がありました。ですが、後から考えると、おりものの増減は私にとって妊娠しているかどうかの重要な情報ではなかったようで、妊娠したからといって急におりものが増えたわけではありませんでした。

ですので、今考えると妊娠しているかどうかを、おりものの状況だけで意識するのはよくないのだなと思います。 関連記事:妊娠を境におりものの状態が変化。産婦人科で相談してみたところ…

次に妊娠中ですが、とにかくおりものが多かったです。安定期に入ってから急激に増えたように思います。おりものシートだけでは足りないことが多く、尿もれシートを使用していたくらいでした。

色も白~黄色が多く、ショーツに付着するとなかなか落ちません。トイレに入る度によく拭いていたつもりでしたが、なかなか拭けておらず、残ってしまっていたことも。シャワーで毎日落としもれがないよう流していた状態でした。

また夏場ということもあり、臭いがとても気になりました。自分の臭いが周囲に伝わって不快な思いをさせていないか常に心配なのです。

臭い対策は、「あまり石鹸で洗いすぎても良くないため、シャワーで洗い流すように」と健診で看護師さんに言われたため、よくシャワーで洗い流すよう心掛けました。こまめに洗ったおかげか、少しずつ臭いもなくなったような気がします。ですが、少しドロッとしたおりものが出る事もあり、そんな時には良く拭いたり、ビデを使用したりしていました。 関連記事:妊娠中に変化するおりもの。臨月にゼリー状の物体「粘液栓」が…これって異常なの?

出産後は、驚くほどにおりものがなくなり、妊娠前の状態に戻りました。妊娠中のおりものは何だったんだろう…と思ってしまうくらいです。

おりものは、体のバロメーターといわれているそうです。妊娠前でも妊娠中でも、おりものは重要なことを教えてくれることがあるとのこと。多すぎるおりものは不快な思いをすることが多いと思いますが、おりものはよく観察しておいた方がいいと思っています。

f:id:akasuguope01:20170826113944j:plain

著者:aoaya

年齢:27歳

子どもの年齢:10ヶ月、妊娠7ヶ月

現在は妊娠・出産を機に仕事を退職。専業主婦として10ヶ月の子どもを育てています。また現在、年子になるBabyを妊娠中。子育て&妊婦ライフを同時に楽しんでいます。楽しいことが大好きで、何事も楽しくできるようポジティブに考えるようにしています☆よろしくお願いいたします☆

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

妊娠初期に風邪をひいてしまった私。もらった薬でおりものが変化した!?
妊娠前は情緒不安定気味だった私が前向きにマタニティライフを謳歌できたワケ
いつからかと待ち焦がれた安定期。でも「安定期などそもそもない」という言葉に納得

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。