体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上陸できない世界遺産「沖ノ島」を、一番実感できること

上陸できない世界遺産「沖ノ島」を、一番実感できること 2017年、世界遺産に登録された福岡県宗像市の「沖ノ島」。きっと、みなさんが思い浮かべるような世界遺産とは一味違っていると思います。というのも、沖ノ島には、一般の人は上陸することができないから。つまり“感じる世界遺産”ということなんです。上陸できない世界遺産「沖ノ島」を、一番実感できること沖ノ島(遠景) 画像提供:宗像市

とは言っても、色んな意味で沖ノ島に近づける場所はあります。

大島にある「沖津宮遙拝所(おきつみやようはいじょ)」からは直接見ることができるんです。とはいえ、大島と沖ノ島の距離は60kmもあり……。条件がそろって運がよければ、といった感じです(5日に1回の確率だとか)。あとは、「海の道 むなかた館」のVR。それはそれでいい感じなんですけど、直接体感できるのとはちょっと違っていて。

“沖ノ島って、かなりハードルが高い”というのが私の正直な感想でした。

そんな時に見つけたのが、宗像市の「粋工房(すいこうぼう)」が作る「沖ノ島朱(おきのしまあか)」というガラスです。

一見関係なさそうに見えますが、ガイド本で見かけた「沖ノ島の塩で突然変異」みたいなスピリチュアル系の文言に惹かれて、工房へ。お話を聞くうちに、沖ノ島に一番近いのはこれだ!と思うようになったんです。

「沖ノ島朱」の
ウソのようなホントの話。

「沖ノ島朱」は、鮮やかな明るい朱色が特徴です。上陸できない世界遺産「沖ノ島」を、一番実感できることタンブラー 2800円(税別) 上陸できない世界遺産「沖ノ島」を、一番実感できること勾玉チョーカー 1800円(税別) 「粋工房」の従来の配合で出る赤色は、どちらかというとちょっと黒っぽい赤で、「沖ノ島朱」の朱色と、原料の内訳はほとんど一緒です。何が違うかっていうと、原料の中の塩の種類。ただ単純に、塩を、沖ノ島周辺の海水を使って作った塩に変えてみたところ、鮮やかな朱色になったというんです。上陸できない世界遺産「沖ノ島」を、一番実感できること上陸できない世界遺産「沖ノ島」を、一番実感できること

市場にはほぼ出回らないという「沖ノ島塩」。
通常の塩と比べてちょっと茶色に見えるのは、アミノ酸、言い換え“海の恵み”が入っているから。あとは、沖ノ島から流れ出る湧き水や色んな成分なんかも含まれていると思うと……。そんな沖ノ島の湧き水は絶対に腐らないなんて伝説があったりするそうですから、本当に不思議な話です。

全部偶然、巡り合わせ。

上陸できない世界遺産「沖ノ島」を、一番実感できること

代表の伊藤さんからは、このあとも興味深い“偶然話”が続々。そもそも、沖ノ島朱の誕生は、色んな偶然が重なってのことなんだそうです。

「きっかけは、市の商工会からの『何か宗像の特産品を作れませんか?』という依頼でした。それから日々、宗像らしさを模索していたころ、原料の塩を宗像産のものに取り替えてみたらどうか?という発想に至ったんです。そこで、宗像で塩を作っている人を探したところ、宗像で唯一塩を作っている河辺さんに出会ったんです。河辺さんは、当時世界遺産登録を控えていた沖ノ島周辺の海水を使った塩も作っているというんだから、“まさにこれだ!”って、塩を分けてもらうことにしました」

上陸できない世界遺産「沖ノ島」を、一番実感できること宗像の「大島」で塩を作っている塩爺こと河辺さん 画像提供:宗像市
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。