体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マケドニアの首都「スコピエ」が奇妙すぎる!街で見かけた不思議な光景

マケドニアの首都「スコピエ」が奇妙すぎる!街で見かけた不思議な光景

皆さんは『マケドニア』という国名を聞いたことがありますでしょうか?聞いたことはあっても、どんな国なのか、具体的にイメージが浮かぶ方は少ないのではないでしょうか?

マケドニア共和国は、東ヨーロッパのバルカン半島に位置する国です。かつては、ユーゴスラビア連邦の構成国の一つでしたが、1991年に独立しました。ということで、まだ比較的新しい国なんですね!

そんな情報だけを持って、いざマケドニアの首都スコピエに行ってみたら…。なんだかとっても不思議な街だったのです。

ということで今回は、スコピエで思わずツッコんでしまった不思議な光景をご紹介したいと思います!

 

ここが変だよ①街に銅像が多すぎる!

photo by さかち

まず、スコピエの街に行ってみて一番異様な光景だったのは、銅像が多すぎることです。

ふと橋を見れば、街灯が多いのも気になるところですが、その街灯の間全てに銅像が立っているではありませんか!

photo by さかち

夜になってから街を歩いてみても、もちろん至るところで銅像が見つかります。

しかも、なんとも言えないセンス…。

photo by さかち

以上のように、ちょっと不思議な銅像が数メートルおきに設置されているのです。

中でも一番目を疑ったのが、川の中にあるこちらの銅像。思わず川に向かって叫びました。

photo by さかち

「水の中に飛び込もうとしている女性と、既に水の中に飛び込んだのであろう人の足の銅像」という、シュールで斬新過ぎる銅像なのでした。

ちなみに、既に飛び込んだ人の足は、川の水が少しでも増水してしまうと見えなくなってしまうようなので、ぜひ雨が降っていないときに見ていただきたいです。

 
ここで、少し話は飛んでしまいますが、あの有名な「マザー・テレサ」がマケドニア出身ってご存知でしたか?

スコピエ出身ということで、とっても不思議な銅像たちに混じって、誰もが知っているマザー・テレサの銅像もありました。

photo by さかち

こちらの銅像の前では、「私も、たくさんの人達を助けられるマザー・テレサのような素晴らしい人間に少しでも近付けますように…」という祈りの気持ちが不思議と湧いてきました。

いかがでしたか?実際にスコピエに行って、その目で不思議な銅像たちを見てみたくなりましたか?

photo by さかち

 

ここが変だよ②街にカラーボールの跡が多過ぎる!

photo by さかち
1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。