体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<ライブレポート>THE BEATNIKS、EXシアターで行われたレコ発ライブのレポ―トが到着

<ライブレポート>THE BEATNIKS、EXシアターで行われたレコ発ライブのレポ―トが到着

 高橋幸宏と鈴木慶一のTHE BEATNIKSが、2018年5月11日に東京・EX THEATER ROPPONGIでライブを行った。

THE BEATNIKS ライブ写真(全3枚)

 本公演は、は5月9日に発売されたビートニクスの5枚目のアルバム「EXITENTIALIST A XIE XIE」のリリースを記念して開催されたもの。この日は同アルバムにも参加したゴンドウトモヒコ(Euph,TP,Glo)、砂原良徳(Key)、矢口博康(Sax,Cl)をはじめ白根賢一(Dr)、高桑圭(B, Gt)、堀江博久(Key)、永井聖一(Gt)ら7人がビートニクスの2人をサポートし、会場内に「Crepuscular Rays」がSEとして流れる中、プレイヤーひとりひとりのシルエットがスクリーンに投影され“THE BEATNIKS”の文字が映し出されると、新アルバム収録曲の「鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章」でライブがスタートした。間髪入れずに始まった2曲目は1stアルバム『EXITENTIALISM 出口主義(1981)』の翌年にリリースされた「River In The Ocean」。いきなりの懐かしナンバーに集まった古くからのファンも、イントロが鳴るや大きな歓声をあげる。

 続いて2人はアコースティック・ギターに持ち替え、新アルバムに収録の秀作「Brocken Spectre」を披露し息の合った美しいハーモニーを会場に響かせる。5曲目の「Inevitable」からは、初期の楽曲が並びビートニクスのブラック・サイドともいうべくダークでヘヴィな曲が続く。退廃的で無機質ながらも、ロマンチシズム溢れるインダストリアル系のテクノ・サウンドにオーディエンスもじっと酔いしれるように聴き入る。前半のハイライトは「Left Bank」。同曲は元々、ビートニクス用に作られたが、幸宏、慶一各々のソロ・アルバムに収められる事になった幻のビートニクス・ナンバー。前半のダークで静かな曲調から一転、中盤から徐々に盛り上がり最後は後光が刺すように照明が明るくなる様は感動すら覚える圧巻の演奏で客席を圧倒した。

 慶一の「ここからは新しい曲やります!」で新アルバムからの楽曲を3曲続けた後、再び初期の楽曲を交互に演奏し会場を沸かせる。幸宏が『ドカーンとやりますよ!』と宣言して始まったのはニール・ヤングのカバー曲「I’ve Been Waiting For You」。この辺りから客席も徐々に温まり出す。続いて、幸宏がこの日初めてのドラムセットに移り、客席のテンションがあがる。1stアルバム収録の『Ark Diamant』、サードアルバム「M.R.I.(2001))の『Dohro Niwa』と、幸宏と白根賢一のツインドラムが凄まじいまでの破壊力で会場を揺らすと、バンド・メンバーもアグレッシヴかつ緊張感溢れる演奏で応じる。ここでは前半のクールで無機質な演奏から一転して、9人のプレイヤーが渾然一体となって転がりながら爆ぜていく、客席の高揚も最高潮に達したところでラスト・ナンバーに突入。昨年5月に恵比寿で開催された赤塚不二夫生誕80年記念「バカ田大学祭ライブ」で初披露され、各地のフェスやイベントを転戦し今やビートニクスの新定番曲となった「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya」だ。テクノ・ポップとビーチボーイズが幸せにマリアージュしたカラフルなナンバーで、”シェー・シェー・シェー”と手をクロスさせ、”Yeah・Ya・Ya・Ya”で両手を広げるパフォーマンスはステージと客席を一体化させる磁力を持つ魔曲。このラスト・ナンバーで場内を興奮の坩堝に叩き込み、本編は終了。

 アンコールではヒートアップした会場を冷ますかのように、新アルバム収録の「Unfinished Love ~Full of Scratches~」を淡々と歌う。随所に挟まるゴンドウのユーフォニアムと矢口博康のテナー・サックスが美しい。幸宏が『最後はやっぱり景気よく!』と煽れば、『私ははっきり言って聴き飽きた…』と慶一がうそぶく最後のナンバーは1987年リリースのシングル曲「TOTAL RECALL」。売れるポップな曲を作ろうと挑んだ意欲作だったそうで、車のCMソングにも内定していたが、タイトルを聴いた自動車会社の社長が激怒しボツになったというエピソードを幸宏が話せば、慶一が『自動車会社でリコールはマズかったよな、やっぱり』と返す。代わってCMソングに採用されたのが教授のイギー・ポップをフィーチャーした「RISKY」になったそう。幸宏は『RISKYだって、マズイよね』とこぼして会場内を笑いに包んでラスト・ナンバーを演奏。最後は全員がステージ横一線に並び満員で埋まった客席に挨拶をし、ステージを降りる。スクリーンに「THANK YOU」「GOOD NIGHT」と映し出され、全19曲、2時間超に及んだ 【ビートニクスがやってくる! シェ! シェ! シェ!】ライブが終了した。

 なおビートニクスは、8月18日の【SUMMER SONIC2018】に出演。また、8月14日のビルボードライブ東京、23日のビルボードライブ大阪でのライブもアナウンスされた。

TEXT:石角隆行

 
◎リリース情報
『EXITENTIALIST A XIE XIE』
CD:COCB-54260 3,240円(tax in.)
LP:COJA-9334 4,104円(tax in)
録:全10曲収録
01.Crepuscular Rays
02.I’ve Been Waiting For You 
03.鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章 
04.Brocken Spectre
05.ほどよい大きさの漁師の島 
06.Softly-Softly
07.BEAT印のDOUBLE BUBBLE
08.Unfinished Love ~Full of Scratches~ 
09.Speckled Bandages
10.シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya

◎出演情報
【SUMMER SONIC2018】
2018年8月18日(土)
Billboard JAPAN STAGE

◎ライブ情報
【THE BEATNIKS】
ビルボードライブ東京
2018年8月14日(火)
1st 開場17:30/開演18:30
2nd 開場20:30/開演21:30
※特別営業時間

ビルボードライブ大阪
2018年8月23日(木)
1st 開場17:30/開演18:30
2nd 開場20:30/開演21:30

関連記事リンク(外部サイト)

THE BEATNIKS、豪華メンバー参加の東阪ビルボードライブ公演が開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。