体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード・ミュージック・アワード】、今後3年間中国で放映されることが決定

【ビルボード・ミュージック・アワード】、今後3年間中国で放映されることが決定

 【ゴールデン・グローブ賞】と『ディック・クラーク・ニュー・イヤーズ・ロッキン・イヴ』の中国における配給を成功させたSTXエンターテインメント、ディック・クラーク・プロダクションズ(DCP)、そしてテンセントが再びタッグを組み、【ビルボード・ミュージック・アワード】(BBMAs)を今後3年間中国で放映することが決定した。

 中国のテンセントと合意に達したSTXエンターテインメントのSTXデジタル部門が3年間の配給権を管理する。両社は協力して【BBMAs】オリジナルのレッドカーペット・コンテンツもキュレーションする。

 「我々が革新を続け、グローバル・オーディエンスにプレミアム・コンテンツを届け続ける上で、現代のグローバル・テック市場における先駆者であるテンセントと、ライブ・イベント番組制作のワールド・リーダーであるディック・クラーク・プロダクションズとの中国でのパートナーシップを一層強化できることを大変嬉しく思います」とSTXデジタルのCOOリッチ・サリヴァンはコメントした。

 ディック・クラーク・プロダクションズの国際執行副社長マーク・ラファラウスキーは、「STXとテンセントとのパートナーシップを通じ、DCPは【BBMAs】の中国における注目度を拡大させていきます。この相乗効果は【BBMAs】の幅とリーチをさらに広げ、アワード本番までの間に中国の音楽消費者が全てのノミネート・アーティストの音楽にアクセスしやすくすると同時に、レッド・カーペット、そして最終的にアワード本番から必見の瞬間を届けます」とコメントした。

関連記事リンク(外部サイト)

【2018 ビルボード・ミュージック・アワード】エド・シーラン/ゼッド&マレン・モリスのパフォーマンスが決定 #BBMAs
【2018 ビルボード・ミュージック・アワード】マックルモア&ケシャのパフォーマンスが決定 #BBMAs
【2018 ビルボード・ミュージック・アワード】ソルト・ン・ペパ&アン・ヴォーグのパフォーマンス決定 #BBMAs

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。