体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Wi-Fiルーターの賢い選び方は? スペックの見分け方とつながらない時の対処法を解説

今では多くの家庭で導入されているWi-Fi環境。スマホもPCもゲーム機も、家の中のどこにいようとワイヤレスでインターネットにつなぐことができる便利な環境だ。

今回は家庭にWi-Fiを導入する際の基礎知識と、Wi-Fiルーターの賢い選び方、つながらないときのトラブル対処法などを解説しよう。

スマホをWi-Fiに接続

<目次>

Wi-FiとWi-Fiルーターについて
「a」や「g」って? まずはWi-Fi規格を知っておこう
Wi-Fiルーターは「通信規格:IEEE 802.11ac/n/g/b/a」と書いてあるものにしよう
家族みんなで使う場合は「ストリーム数4」を選ぼう
オンデマンド配信の映画などをサクサク観たい人は「有線LANのスピード」をチェック
SSID(アクセスポイント)は、WEPではなくWPA2を選ぼう
Wi-Fiがつながらない時は? 5つのトラブルシューティング

Wi-FiとWi-Fiルーターについて

Wi-Fiとは無線LANの国際規格のひとつで、家庭やオフィスといった比較的狭いエリア内で、IT機器を無線の電波でつなぐネットワークのことだ。

こちらの記事もあわせてどうぞ
今さら聞けないWi-Fi講座 遅い、つながらない原因、セキュリティを大解剖

家にWi-Fiを導入するには、前提としてインターネット回線(たとえば「auひかり」など)が引かれている必要がある。このインターネット回線を家庭に引き込む役割をするのが「モデム」と呼ばれている機械で、このモデムに取り付けることでWi-Fi環境をつくるのがWi-Fiルーターだ。

モデムを介してインターネット回線にスマホやPCに接続

家の広さや家族の人数によって、Wi-Fiルーターに求められる性能や規格は異なり、その価格もさまざま。「auひかり」など、通信会社が提供しているWi-Fiルーターはモデム一体型になっている場合もあるが、ここからはWi-Fiルーターを自分で用意する場合に役立つ賢い選び方を説明していこう。

「a」や「g」って? まずはWi-Fi規格を知っておこう

Wi-Fiには通信方式の種類がある。この規格は「IEEE802.11という用語のうしろに「a」や「g」といったアルファベット小文字がつくことで表される。長いので通常は「11a」とか「11g」などと省略して書く場合が多い。

たくさんあるWi-Fiの規格のうち、家庭用のWi-Fiルーターで使われるのは「11a」「11g」「11ac」「11n」のほぼ4種類だ。

このアルファベットの小文字は「a」なら5GHz、「g」なら2.4GHzと、基本的には使用する周波数帯を表している。「ac」は5GHzの進化形で、「n」は2.4GHzも5GHzもどちらもOKとなる。

たとえば5GHzは障害物に弱く、2.4GHzの電波は比較的遠くまで届くなど、それぞれに特徴があるので、その長所と短所を表にまとめてみた。

5GHz帯と2.4GHz帯の長所・短所を表した表

Wi-Fiルーターは「通信規格:IEEE 802.11ac/n/g/b/a」と書いてあるものにしよう

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。