体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミドリ安全『塩熱サプリ® 梅』ハマると危険!美味しすぎる熱中対策飴に気をつけろ!

人間、汗をかくと水分と同時に「電解質」が失われる。でも電解質って何? という人は多いだろう。電解質は人が生きるために欠かせない重要な物質なのだ。ミドリ安全『塩熱サプリ® 梅』は、熱中症の原因ともなる電解質の損失を補ってくれるタブレット。しかし、実はこの「塩熱サプリ® 梅」は、かなり我慢が必要なタブレットだったのだ。なぜ我慢しなければいけないのか、本文を読んで確認してほしい!

 

屋外でレジャーを楽しむときの必需品だ!

国内の熱中症による死亡者数は年々増加している。ミドリ安全株式会社(東京都渋谷区)が独自にアンケート調査した結果によると、18~65歳までの男女500人のうち熱中症の経験があるのは36%と、およそ3人に1人が熱中症経験者だったという(2015年調査)。しかも気になるのは、20代の男女ともに半数以上が熱中症になったことがあると回答している点。どの年代よりも熱中症経験率が高いという結果となったのだ。

週末、バーベキューなど屋外でレジャーを予定している人は要注意。炎天下で汗をかくと、体内の水分と同時に「電解質」が失われる。人間の身体にはナトリウムやカリウム、マグネシウムといった電解質が含まれており、その濃度によって細胞の浸透圧を調整したり、筋肉収縮や神経の伝達など生命維持活動を支えている。体内の電解質(塩分)濃度が下がると、筋肉の収縮を引き起こしたり、手足の痙攣や筋肉痛、こむら返りが起こったりする。

熱中症対策は水を飲むだけではダメ!

しかし、あわてて水を飲むといった対処は逆効果。喉の渇きは癒えるが、血液の電解質濃度が下がってしまい、体液の塩分濃度を戻そうとするため、逆に体内から水分を排出しようとするのだ。その結果、汗をかく前の体液の量を回復できなくなり、運動能力が低下して体温が上昇する。これが熱中症というわけだ。

 

 

ミドリ安全から発売された『塩熱サプリ® 梅』(120粒・希望小売価格 税込2,268円・2018年3月22日発売)は、累計1,000万袋以上を売り上げた熱中対策ロングセラーシリーズ「塩熱飴」シリーズの新商品。6種類の電解質をベストミックスし、汗をかくことによって失いやすいビタミンCおよびB群、さらに水分吸収を高めるブドウ糖とクエン酸も配合している栄養機能食品のタブレットだ。「飲む点滴」とも呼ばれている、経口補水液に近いイメージだという。

「塩熱サプリ® 梅」には栄養成分が豊富に含まれており、トータルバランスに優れているため、ハイパフォーマンスを求めるプロアスリートも愛用しているという。なお、1日当たりの摂取目安量は6粒で、たくさん食べればいいというものではない。ここが重要なので覚えておいてほしい。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。