体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チャットモンチーを見てBase Ball Bear・小出祐介がビックリしたこと

チャットモンチーを見てBase Ball Bear・小出祐介がビックリしたこと
J-WAVEで放送中の番組『SPARK』。5月の水曜日はマンスリー・ナビゲーターとして、チャットモンチーが登場。5月9日(水)のオンエアでは、前放送の意外な反響や、Base Ball Bear・小出祐介さん(Vo, G)がチャットモンチーを見て驚いたことにまつわるクイズなどで、盛り上がりました。

■まさかの反響に困惑?!

およそ2年ぶりに『SPARK』に戻ってきたふたり。初回となった前放送では、しっかりと話したつもりでしたが、SNSでは「ゆるい」という反響が多かったそうです。

【初回放送の記事】チャットモンチー、“完結宣言”の真相を語る「次に目指す場所が、やっと見つかった」

福岡:久々にしゃべって、キビキビとやれたような気がしたやん。めっちゃしゃべったやん。
橋本:あっこちゃん上手って思ったもん。
福岡:ホンマ?  でも、えっちゃんもけっこうちゃんとしゃべってたやん。でも「激ゆるでした」って感想が来たんよな。めっちゃ頑張ってたのに。
橋本:何をもってゆるいん? 阿波弁やからかな? 標準語だったら、ゆるいって思わないんじゃないかしら。
福岡:基本は、えっちゃんの雰囲気なんでしょうね。
橋本:私の雰囲気? でも私、こんなテンションのままじゃ寝られないよ。
福岡:ここで寝られたら困るわ(笑)。
橋本:つまり、ゆるくないっていうことです。覚醒してるもん。

そんな橋本は、ゴールデンウィークは寝て過ごしていたそうです。「ゆるいやん!」と言う福岡に、橋本は「副交感神経に勝てない。起きるけどすぐ眠くなる」と嘆いていました。

■生き物たちの意外な素顔

次に、どんなときに春を感じるかという話題になると、福岡が「インコが桜を食べているのを見た」と切り出します。

福岡:近寄ったらサクラをバリバリ食べてたんよ。で、「うわ!」って思って。インコってそんなに見ないやん。でも、パッと見ただけでわかるぐらい、見たことのある鳥だったのよ。迷子のインコかなと思って家の周辺とかチラシが貼ってないか見たんだけどなくて、その話をウチのディレクターに話したら、数年前から都内でインコが大量発生していると。
橋本:インコが!?
福岡:調べたら、その話がニュースに書いてあって「確かに」と思ったら、数週間後に4羽いっぺんに見たんよ。やばくない? 今度は木の実をバリバリ食べてて「怖い!」って思って。その食べ方がさ、肉を貪るように食べてるわけ。インコってこんなに力強く食べるんやと思って。春やなと思って。
橋本:春なん!?(笑)。

この話を聞いて、橋本は「春を感じる話ではないけど、このあいだ初めてヘビを触ったんよ」と話し始めました。

橋本:イルカみたいにヌメっとしてるのかと思ったら、乾いてるの。ワニ革のカバンってあるやん。 ヘビ革もカバンになり得るやんって思った。
福岡:どうやって触る機会があったん?
橋本:ヘビを触れる場所に行ったんよ。この際、触ってみようと思って。全身が筋肉で、ずっと背骨があって、裏側はちょっと柔らかくて人間の手の平みたいな感じ。
福岡:そういえば、県外でレコーディングしたときにヘビおったよな。
橋本:おった。
福岡:ウチのマネージャーが、なんでか知らんけど捕まえて、しかも噛まれたっていう。「血、出てるやん!」って。
橋本:危ない。
福岡:私は小さいときに、通学路にマムシがいっぱい出たから、放り投げてたよ。首の下を掴んだらいける。道端に出てくるマムシがちっちゃいから。

■息子の成長を感じるエピソード

SNSをやっていない橋本が日々の出来事を語る「今週のえっちゃん便」。今週は、橋本の息子の話になりました。

橋本:ひらがなとカタカナが読めるようになってきたんですよ。ひらがなは普通に読めたんだけど、カタカナも読めるようになってきたんです。
福岡:早い!
橋本:でも、どこまでがカタカナでどこまでがひらがなかっというのは、一回も説明したことがなくて放っておいたんです。そしたらこのあいだ、テレビにカタカナとひらがなの両方を使ったものが出てて、それを息子が読んだんです。
福岡:うんうん。
橋本:その言葉が衝撃だったの。「ビートたけし」って言ったの。
福岡:おお!
橋本:私、感激して、「ビートたけし」って読めるん!? 「『ビート』がカタカナって知ってる?」って訊いたら「うん」って。
福岡:(笑)。
橋本:「たけし」が読めるのはわかってたけど、「ビート」もいけるんやって、嬉しかった。
福岡:初めてカタカナとひらがなの融合を見たのが「ビートたけし」って、ヤバいな!

この話が「いい」と思った方は、Twitterの『SPARK』のアカウントにある「今週のえっちゃん便」のツイートに「いいね」を押すか、メールで感想をお寄せください。

■時代を先取りしていた?

後半は、チャットモンチーをよく知る人が、チャットモンチーに関するクイズを出題するコーナー「チャットのこと知っとQ」をお届けしました。 今回は、Base Ball Bear・小出さんが出題。福岡は「四星球とBase Ball Bearはろくなことがないからやめよう。チャットいじりがうますぎるんよ!」と大慌てしていました。

小出:Base Ball Bearとチャットモンチーがリハーサルスタジオで同じになることはほぼなくて。これまでのキャリアの中で、1度ぐらいしかないんです。それで、ウチのバンドの休憩時間にチャットのスタジオに行ったら、ちょうどチャットも休憩時間だったんです。そのときにお互いのバンドのリハーサルのやり方というかテンポ感というか、そういうことでびっくりしたことがありました。それは、チャットモンチーならではというか、女の子バンドっぽいなと思ったんです。さて、それは何でしょう?

福岡:これは私も思い当たる節があるな。
橋本:お菓子がいっぱいある。
福岡:私も思った! チャットが6人編成でやってたとき、男陣と乙女団でリハーサルをやったときに、男陣に「お菓子、多いな」って言われたのを確かに記憶しております。
橋本:しかも駄菓子ね。
福岡:乙女団とリハするときは、ずっとみんな食べてるんよな。食っちゃしゃべり、食っちゃしゃべりして、またリハやるか、みたいな。
橋本:そうだった。Base Ball Bearも関根史織ちゃん(B, Cho)がいるから、休憩時間もちょこちょこ練習するやん。女の子が集まったら、“休憩は休憩”っていう感じやな。

では、正解を発表します。

小出:正解は「おやつ休憩」でした。ウチのバンドも演奏の合間に一息つくタイミングがあるんですけど、チャットは当時3人で、3人が床に座ってお菓子を広げて、今でいう“もぐもぐタイム”があったんです。それを見て普通にびっくりして、「学校じゃねえんだから!」って思ったんです。そしたら、あっこだったと思うけど「間にお菓子を入れないと、やってられない」って言ってて「女の子ならでは」と思いました。ウチも女の子がひとりいるわけですけど、女の子3人と、男だらけの中に女の子がひとりいるのとでは、ちょっと違うもんだなと思いました。

福岡:正解した!
橋本:3人のとき、機材の真横で食べてたかも。
福岡:男の中に女がいると「お菓子食べようよ」とは言わんかもしれん。でも最近はお菓子が減って、えっちゃんはガッツリとおにぎりを持ってくるもんな。
橋本:おにぎりとかパンとか。
福岡:サンドイッチとかになったよな。
橋本:軽食っていうやつですか。
福岡:年齢とともにケータリングの中身も変わってくるんですかね。私、一度テレビでご飯代わりに駄菓子を食べるところがオンエアされて、家族から「何をやっとんねん!」って、めちゃくちゃ苦情がきましたから。
橋本:親御さんはびっくりすると思う。
福岡:もうそんなことはしてなくて、多少の野菜は食べてますから。

番組では他にも、チャットモンチーが担当した徳島市・眉山ロープウェイのアナウンスとそのエピソードを紹介しました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。