体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【海外レポート】アムステルダムでトップデザイナーの自宅に訪問

前回からの続き)インテリア・デザインの祭典「ミラノ・サローネ」の前に、アムステルダムで、今注目のデザイナーPiet Boonの自邸を訪問。果たして人気デザイナーの自邸は、どんな空間なのだろうか?

■いよいよ、Piet Boonの自邸を訪問

アムステルダム在住で世界的に活躍する建築インテリアデザイナー、Piet Boon。そのオフィスから車で10分も走れば田園風景の中、彼の自宅は運河も流れる広い敷地に、母屋とゲストルームの離れがプールのある中庭を囲んで建っていた。

Piet Boon自邸の庭庭のアウトドア家具もPiet Boonデザイン 庭のアウトドア家具もPiet BoonデザインソファでくつろぐPiet

アウトドア・ベッドで寛ぐPiet、取材中にNY出張から戻ったところ

家の中に入ると、Pietの家具をインテリア・スタイリストのKarin夫人が得意な’MIX’コーディネーションで、ショールームよりもCOZY(心地よい)& WARMY(温か)な空間につくり上げていた。家具は皮・木・布・スチールと、違った素材をMIX。小物やアートも、国籍・年代・素材の違うものをMIXしているが、カラーで統一感を出していた。

暖炉のあるリビング ソファにて

「大好きな『Emi Wada』の本を古着でカバーリングして飾っているの」と、Karinさんの小物には全て素敵なストーリーがある。

ディスプレイダイニングから奥のキッチンを望む ダイニングから奥のキッチンを望むバスルーム
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。