体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅があなたの「家」と「故郷」の概念を変える5つの理由

旅行者が聞かれることを最も恐れる質問。それは「あなたの出身はどこですか?」という質問です。

なぜなのでしょうか?一見、よくあるとてもシンプルな質問だと思われがちですが、故郷を離れて旅をしている旅行者がその答えを深掘りしていくと、そもそも自分の居場所は一体どこなのか?自分が大切にしている価値観は何なのか?一体、自分は何者なのか、、、?

自分のアイデンティを疑ってしまう可能性があるからです。

私自身も4カ国に住み、23カ国旅をする中で、同じように自問自答をして、悩み、そしてそこから自分なりの答えを導き出した経験があります。

ここでは私自身の経験をもとに、旅先の文化の違いに戸惑ったり、居心地の悪さを感じてしまったり、自分は何者なのかという悩みの答えを導き出すための5つの方法を教えます。

 

1. 「故郷」と家族

「生まれた場所が私の故郷」多くの人がそのように答えるでしょう。しかし、故郷とは、あなたが生まれたところ、もしくは家族や友達がいるところでしょうか?私は後者だと思っています。

私は現在4つの家族と故郷を持っていて、現在五つ目を構築中です。トルコ、レバノン、スペイン、エジプト、スイス…旅は非常に情熱的で刺激的な経験となるため、色んな人と短期間で絆を深めることができます。

どこにどのくらいの期間いたとしても、なにがあっても自分を支えてくれる友人を見つけることができました。彼らこそが私にとっての家族で、世界中に家族がいる故郷があります。

 

2.「故郷」と安心

「故郷では、なにをしても楽」慣れ親しんだ近所の道やお店、言葉も通じます。でも、もしかしたら楽過ぎてしまいませんか?

旅好きな人はマゾスティックな部分があると言われているのは知っていましたか?それはなぜでしょうか?旅の居心地の悪さを感じることで、生きているということ実感できるからだそうです。

例えば私はトルコのイズミルで、大学からの帰宅する方法を見つけるのに一か月かかりました。徒歩10分の距離にも関わらず、一か月もかかってしまいました。私も授業に遅れたくなかったですし、わからない言語で怒られたくはありませんでしたが、どうしても迷ってしまいました。

しかし、やっと道もわかってきて、わからないことが減ってくると、住めば都ということわざあるように、 少しずつ自分の故郷になっていきます。

 

3.「故郷」と探求心

「故郷は、冒険できるところ」かつては、留学から故郷のバルセロナに帰ることは私にとって大変なことでした。なぜならば、どうしても故郷がつまらなく感じてしまったからです。留学という冒険が終わってしまい、元の生活に戻ってしまいます。

しかし、トルコ留学から帰国したときのことでした。友人と、何か面白いことをしようと計画を立てたのです。二人で、海外で培った経験を家でも生かしてみようと、故郷に帰ってきてからは、新しい町、アクティビティー、新しいレストランなどを探しました。

この経験から、慣れしたんだ生まれた国でも、いつでも、どこでも冒険をしたければできるということを学びました。

4.「家」と物

「私の所有する物が置いてあるところが家」小さい頃、丁寧にお手入れされた芝生と噴水で囲まれた大きなお屋敷に住むことが夢でした。もしかしたらジェーン・オーステンの本を読みすぎたのかもしれません。

今の私はスーツケース一つで転々とする生活をしていますが、この上なく幸せです。

旅をすることで、家とは所有するものではないということを教えてくれました。家とは、たとえ住んでいなかったとしても作ることができます。私にとっての家とは、所有するものではなく、ここは家だと感じることです。

 

5.故郷と自分

All photo by pixabay

「故郷は自分らしくいられるところ」この意見に賛成ですか、反対ですか?海外へ行ったときに、なぜか自分が別人になったような感覚になったことはありませんか?より豪快になったり、リラックスしたり?

もしそうなら、それは普通なことなので安心してください。新しい土地、文化や言語はいつもとは違う思考や行動を取りやすくなるのです。

生まれ育ったバルセロナでしか、私は自分らしくいられないと思っていました。しかし、いまの私は旅をしたり、新しい場所に住むことで新しい自分を発見できる機会となることを発見しました。

旅をすることで、これまで自分では知らなかった自分に出会えることができました。

 

私が今いる場所が私の家で故郷

で、結局あなたはどこ出身なの? とこの記事を読んでいるあなたは思うかもしれませんが、それはあなたの答えにお任せします。私にとっての家と故郷は、私が今いる場所だと思っています。

Licensed material used with permission by EF Education First Ltd.

 

英語を学ぶ旅へ出る

英語を学ぶ旅に出る_02

ただ、旅をするだけじゃ物足りない。現地に深く溶け込みたい。自分のやり方で語学力を身につけ、新しい文化を体験し、世界を発見したいと思ったことはありませんか。

学生時代に英語を学ぶ旅として留学を経験し、一生分の経験ができたので今回はその魅力と感じたことをまとめました。

「英語を学ぶ旅」をオススメする3つの理由

関連記事リンク(外部サイト)

英語の発音を確実に上達させるための5つのコツ
「いただきます」と「ごちそうさま」を表すフレーズ16選
海外へメールする時に使える英語フレーズ85選
メキシコでビジネスチャンスを掴め!地球の裏側で活躍する4人の日本人

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。