体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#54 砂糖抜き

_DSC5595

今月は、砂糖を抜いてみた。

 幼い頃から大のあんこ好きで、缶詰のゆであずきを一缶ぺろりといける口だったが、さすがに最近は加齢のせいか、摂取可能量もかなり目減りしてきた。5個はいけた豆大福も、今ではひとつで十分である。それでも手切れとならなかったのは、口から、舌から、胃から広がる多幸感故である。特に仕事で疲れた後の大福は、ささやかなれど、自分への最高の労いであり、もぐもぐしている瞬間の私は、紛れもなく、大いに幸せなのである。
 そんな私が、大福抜きとなる砂糖抜きを敢行しようとしたのだから、相応しいきっかけがあってもよさそうだが、これが無い。言わば、好奇心からだけである。巷に広がっている砂糖の害に関する諸説に対して、自分の経験を添えて実証してみたかった。
 こういう時の私は一切迷いが無い。大福の食べ納めもせずに、すぐに抜き始めた。
 結果から先に述べれば、砂糖抜きのこの一ヶ月は、体調が安定して良く、心もすっきりしていた。自分の心身が、自分のものとしてある実感があり、疲れが溜まりづらく、身軽で、若々しく過ごせたと思う。自分の身体がイメージ通りに動く、もしくは在るということは、どんなに快適かとういことを、よく知ることができた。
 さきほど、砂糖抜きを試みるにあたって、確たるきっかけがなかったと記したばかりだが、実は、砂糖を摂ったあとでの重たく眠い感じは、はっきりと悩ましく感じていた。身体には明らかに負荷が掛かっている自覚はあったが、心への癒しと天秤にかけて、まあいいだろうと判断していたのだ。
 心身を細かく区分せずに、全体的に判断する「まあいいだろう」は、ホリスティックなバランスを取ることを大切にする視点として間違っていないとは思うが、プラマイゼロを誤魔化しの方便に使うのも限度があるだろうと感じた頃が、言わば替え時なのかもしれない。若さや体力で有耶無耶にできる事にもタイムリミットがあるのは仕方がないことだ。それを受け入れるのは、まだ心の柔軟性があるだけ、ましなのだろうと思う。
 砂糖の功罪については、結構知れ渡っていると思うが、自分への復習にもなるので、以下にまとめてみた。

 メリット
  おいしい!と心の中でため息をもらし、時に叫び、時に身悶えし、時に笑顔になり、ちょっ
  とした悩みも「まあ、いっか」とうっちゃれる。
  つまり一時的な高揚感。

 デメリット
  これはネットでざっと検索をかけると、
  鬱、癌、肥満、消化不良、白内障、糖尿病、成長ホルモン減少、骨粗鬆症、虫歯、早老、視 
  力低下、免疫力低下、関節炎、眠気、頭痛、アルツハイマー、月経前症候群悪化、
  などの原因となるとして羅列されている。

これらが全て正しいかどうかは、専門家ではないので判断しかねる。なので、検証的なことは、ここでは一切省いて個人的な思いを中心にして話を進めたい。
 

2ページ目につづく

_DSC5585

 ネットのそれぞれの説には、科学的な説明などされているので、興味を持たれたなら、いろいろなブログやページを覗いてみる価値はある。砂糖には百害あって一利なしというのが、大方の論調だが、健康飲料として有名な酵素ドリンクは白糖を使う。実際その効果を認めつつも、作る過程で白糖をたっぷり使うことに抵抗がある人も多い。それに対しては白糖だからこそ効率的に植物の有効成分を浸透圧効果によって抽出できるという説明がされている。それでもやはり白糖を使う点で酵素ドリンクは受け付けられない人がいても不思議ではない。結局、何を摂るかは勘も含めてその人の判断であるからだ。
 この辺のことを、もうすこし言うと、結局成分だけでは説明しきれない食物の効果が在るという私の勝手なイメージが前提にあって、さらにそこには個人の心身の差が生む相性もあるだろうから、美味しいと喜んで口にするものには、きっとその人にとって良い物として成り得るのだろうと思う。ただ、体調への影響など、マイナス面が自覚され、それが気になり始めたら、その食べ物とは一旦距離を置くタイミングなのだろうと思う。
 ただ、砂糖は依存性が高く、過剰摂取していると体がサインを出していても、それに対する冷静な判断力を鈍らせてしまうらしいので、そこが厄介ではある。暑い日が続く夏には、コンビニの前を通ると、ついアイスクリームボックスへと引き寄せられがちだが、意識的に砂糖を抜く週を作ったりして、それ自体を習慣化できたら最高であるが、なかなか難しくもある。友人を誘って励ましあいながら、遊びの一つにしてしまうのも手ではある。
 それが、科学的なものだとしても、学説というのは後年に覆され更新されることが、ままある。現時点での常識が、100年後、いや半年後には、笑われることさえ起こり得る。特に健康や美容に関することは流行もあるので、自分に合うかどうかは試してみることだ。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。