体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どものおもちゃが片付かない!片付けられる子に育てる5つのポイント

子どものおもちゃが片付かない!片付けられる子に育てる5つのポイント

おもちゃを広げている子どもは「散らかしている」わけではない

子どもは遊びの天才!色とりどりのおもちゃをたくさん広げて遊んでいますよね。お母さんにとっては、「あ~さっき片づけたばかりなのに!」とガッカリすることもあります。でも、子ども達は、ただ遊んでいるだけではないのです。

植草学園大学発達教育学部の小川晶准教授は“子どもにとっての『学び』とは『遊び』であり、それは『観察』『研究』『実験』ですので、『散らかしている』わけではありません。”と話しています。
(出典:ウーマンエキサイト:https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_Mamatenna_94712/

そう考えると、「おもちゃを散らかす事」も成長には欠かせない大切な行動と言うことです。そして、「片づけできる子どもは、自己管理のできる大人に成長する」と言われていますので、使った物を元に戻す「片づけ」も実は、子どもの成長に大切な行動なんです。

子どもが片付けを身に付ける5つのポイント解説

そこで、「片づけ」できる子どもにするための5つポイントをご紹介しましょう。

1:5分間のお片づけタイム

お風呂や夕食前に、お片づけタイムを作りましょう。時間は5分間。歌をうたったりしながら楽しい雰囲気でやりましょう。

2:遊び・ゲーム感覚で片づけ

子どもは、ゲーム感覚や遊び感覚での「片づけ」なら、喜んで片づけてくれますよ。

年齢別お片づけでは、

2~3歳児

お片づけタイムに、収納カゴにおもちゃをポン!「お母さんや兄弟と競争」って言うと、遊びの延長線上で、お片づけができます。

4~6歳児

幼稚園などで集団生活を経験する時期でもあります。お手伝いが大好きなので、お片づけのお手伝いをお願いしましょう。

小学校低学年

自分の荷物を置くスペースを決めてあげて、おもちゃや遊び道具はそこにしまうルールを子どもと一緒につくりましょう。

3:収納グッズで簡単片づけ

子どものおもちゃは、小さくて細かい物が多いです。ポンと放り込める、大きめのカゴでザックリ収納しましょう。それから、紐をサッと引くだけで、散らかったおもちゃを一瞬で片付けられる「おもちゃ収納袋」もあります。これなら、小さな子どもも簡単に片づけができますね。

絵本もどこのご家庭にもたくさんあります。絵本をしまう場所を作って、読んだらしまう場所に片づけるようにしましょう。

4:片付けができたら子どもをほめる

お片づけができた時は、「よくできたね」「上手にできたね」とほめてあげます。大好きな親から認められた事。ほめられた事は、成長過程でとても大切な経験になります。ちゃんとできなくても大いにほめてあげてください。ガミガミ「片づけて!」と言われ続けると片づけの嫌いな子どもになってしまいます。片づけに完璧を求めない!これが重要です。

5:根気強く片づけを習慣化できるようにする

子どもの頃のお片づけは、躾のひとつと考えてください。おおらかに、そして根気強く積み重ねていくことが、習慣化につながります。お母さんが、片づけ苦手な場合は、お子さんと一緒に片づけタイムでお片づけをしましょう。親子で楽しみながら、小さい場所から少しずつ片づけるのが習慣化の第一歩です。

まとめ

子どもは、おもちゃを散らかしながら学んでいます。おもちゃをザックリ放り込む収納で、片づけストレスから解放されて、楽しくお片づけタイムが続けられますよ。

(高橋 和子/整理収納・片づけプロモーター)

関連記事リンク(外部サイト)

管理不能?世代間闘争で生まれる「マンション廃棄物」
子どもに伝えよう!スマホと上手に付き合うためのルール
少子高齢化時代でも大丈夫!積極的に子育ての幅を広げるコツ

JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。