体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ひとりで穴を掘る娘と、ママ友がいない私の“ちょうどよさ” by とけいまわり

長女が小さい頃、保育園のお迎えに行くと、一人で地面に穴を掘っているのをよく見ました。

周りの子ども達が手をつないで走り回っていたり、一緒に滑り台で遊んだりしている声が聞こえると、長女が今どんな気持ちで穴を掘っているのかと思い、胸がキューっと締め付けられました

f:id:akasuguedi:20180512061555p:plain

「何してるの?」と聞くと、

「ああ~、穴掘ったり、そこに白いお砂を埋めたりね~。楽しいよ~」と返ってきました。

「いつもこの時間は穴とか掘ったりして遊ぶの」

f:id:akasuguedi:20180512061648p:plain

「こうやって穴掘ってるとね、おともだちが『これ見て~』ってダンゴムシを見せてくれたりするのね。でも、それダンゴムシじゃなくてワラジムシだったりするのね。

それで色々お喋りとかして、またすぐどっか行っちゃうんだけど、

その後別のおともだちが『何してるの~?』って見に来るのね。

『いっしょに掘っていい?』とか言われて一緒に掘ったりしてね」

f:id:akasuguedi:20180512061728p:plain

「穴掘ってるときは夢中になれるし、ちょこちょこお話したり、たまに一緒に穴を掘ったり、それぐらいってちょうどいいな~って思う。

滑り台でワイワイするときもあるけど、穴を掘って遊んで、それで時々誰かとお話するのって、私にちょうどいいんだよね」

「なるほど、ちょうどいいんだねえ、それはいいね」

f:id:akasuguedi:20180512061804p:plain

長女が生まれたとき、私はとにかく早くママ友を作らないと…と、市の子育て支援の教室やイベントに色々参加してみたのですが、

教室の中、皆で円になって何かお喋りをするというのがどうもしっくりこなくて、

「何ヶ月ですか~?」

「ああ、うちは5ヶ月で~」

「ああ~、小さくてかわいいですね~」と言った後に、(ああしまった…赤ちゃんに小さいは禁句だった…)と手に汗をかいたり、相手に失礼じゃなかったかと頭の中がグルグルしたりして、家に帰るとドッと疲れてしまい、上手く会話に混じれなかった事で悲しくなったりしていました。 関連記事:あれ、みんなキラキラしてる…!? 予想外の雰囲気で一歩も動けなかった、児童館デビュー by ナナハル

f:id:akasuguedi:20180512061856p:plain

子どもがお座りできるようになったら、よく公園の砂場や近くの温水プールに行きました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。