体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィフス・ハーモニー、活動休止前最後のライブを行う

フィフス・ハーモニー、活動休止前最後のライブを行う

 現地時間2018年5月11日、フィフス・ハーモニーが活動休止前最後となるアメリカでのライブを米フロリダ州ハリウッドのセミノール・ハード・ロック・ホテル&カジノで行った。

フィフス・ハーモニーによる投稿

 ライブの終盤で、アリー・ブルック、ダイナ・ジェーン、ローレン・ハウレギ、ノーマニ・コーディの4人は、ロック風にアレンジされた「ワーク・フロム・ホーム」をバンドが演奏する中、手をつなぎ、大きなお辞儀をすると、手を振ったり、投げキスをしながら、観客へ別れを告げた。ファンが撮影した映像からは、ダイナ・ジェーンが、「アイシテル」と日本語で話す一幕も確認できる。ガールズは、感情的になりながらも笑顔を保ち、ファンのもとへ駆け寄り、握手をしたり、彼らとの触れ合いを楽しんだ。

 また公演後、グループの公式Twitterには「これ以上のファイナル・ショーは望めなかったと思う。今夜来てくれたみんな、ありがとう!フロリダ、愛してる!あなたたちは私の心に永遠に刻まれているわ」というメッセージが公開され、メンバー個別のSNSアカウントにも4人で撮影された仲睦まじい写真が投稿された。

◎ファンによる映像
https://twitter.com/Ana5HBiebvato/status/995122611926519808

◎フィフス・ハーモニーによる投稿
https://twitter.com/FifthHarmony/status/995146433811570688

関連記事リンク(外部サイト)

フィフス・ハーモニー、無期限活動休止を表明
フロリダ高校乱射、生徒たちがデモ行進へ J・ビーバー/5Hローレンらも賛同を表明
5Hノーマニ&カリード/トロイ・シヴァンらの新曲が映画『Love, Simon』サントラに J・アントノフがプロデュース

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。