体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SKY-HI 新SGジャケでファンキー&ロックに! 収録内容の詳細も公開

SKY-HI 新SGジャケでファンキー&ロックに! 収録内容の詳細も公開

 2018年6月27日にリリースとなる、SKY-HIのダブルA面シングル『Snatchaway / Diver’s High』。本作のジャケットと収録内容の詳細が公開された。

SKY-HI 関連画像(全4枚)

 本作には、人気ゲーム『New ガンダムブレイカー』テーマソングで、蔦谷好位置をプロデューサーに迎え、自身のバンドTHE SUPER FLYERSのメンバーとともに創り上げた「Snatchaway」と、人気TVアニメ『ガンダムビルドダイバーズ』オープニングテーマで、亀田誠治をプロデューサーに、斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN vo,g)をコーラスとギターに迎えた「Diver’s High」が収録される。

 さらに、新人ラッパーKENSUKE a.k.a. KEN THE 研究丸をフィーチャリングに迎え、自身のスタジオTHE LAB -OVERTURE-で創り上げたSKY-HI完全プロデュース作品「So What?? feat. KENSUKE a.k.a. KEN THE 研究丸」と、CDのみのボーナストラックとして【SKY-HI TOUR 2018-Marble the World-】の開演前に場内で放送されオーディエンスにも好評だった、SKY-HI監修の架空のラジオ番組『Radio Marble』のVol.2が収録される。

 DVDには「Snatchaway」と「Diver’s High」のミュージックビデオのほか、撮影メイキング映像を納めた「Snatchaway (Behind The Scenes)」を収録。そして、mu-moショップ / AAA Party / AAA mobile専売商品には、2017年11月12日にロサンゼルスの名門ライブハウスTROUBADOURにて行われた初のアメリカ公演【SKY-HI Round A Ground 2017 at Los Angels Troubadour】の模様を納めたDVD/Blu-Rayと、若手注目映像クリエイターSpikey Johnが初の海外ツアーに同行し撮影した写真集『SKY-HI Round A Ground 2017 -LA, NY, PARIS, LONDON-』が同梱されているとのこと。

 ジャケットには2人のSKY-HIが登場。ホーン隊のフレーズが印象的なファンキーなパーティーチューン「Snatchaway」と、斎藤宏介の攻撃的なギターフレーズが印象的なロックマインド溢れる「Diver’s High」、それぞれの世界観を表現したMVと連動した衣装となっている。

◎リリース情報
ダブルA面シングル『Snatchaway / Diver’s High』
2018/06/27 RELEASE
<CD+DVD(スマプラ対応) >
AVCD-94099/B / 2,000円(tax out.)/
※初回盤:封入特典有
<CD(スマプラ対応) >
AVCD-94100 / 1,204円(tax out.)
※初回盤:封入特典有
▼初回生産限定mu-moショップ / AAA Party / AAA mobile専売商品
<CD+DVD(スマプラ対応) >
AVC1-94101/B / 5,000円(tax out.)
<CD+Blu-ray(スマプラ対応) >
AVC1-94102/B / 5,000円(tax out.)
※三方背ケース仕様
※封入特典有

【CD】
01. Snatchaway
02. Diver’s High
03. Radio Marble Vol. 02 -前編-
04. So What?? feat. KENSUKE a.k.a. KEN THE 研究丸
05. Radio Marble Vol. 02 -後編-
06. Snatchaway (acappella)
07. Diver’s High (acappella)
08. So What?? feat. KENSUKE a.k.a. KEN THE 研究丸 (acappella)
09. Snatchaway (instrumental)
10. Diver’s High (instrumental)
11. So What?? feat. KENSUKE a.k.a. KEN THE 研究丸 (instrumental)
※03&05…CDのみに収録されるボーナストラック

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。