体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三宅純・白井晃出演 劇場版『Lost Memory Theatre』記録映像上映会&トークセッションが開催決定

三宅純・白井晃出演 劇場版『Lost Memory Theatre』記録映像上映会&トークセッションが開催決定

 世界的な音楽家・三宅純の音楽そのものを舞台化した作品『Lost Memory Theatre』の上映会&トークセッションが、代官山・晴れたら空に豆まいてにて開催される。

 白井晃の挑戦的な試みとして創作された、この幻想的な作品は、2014年8月にKAAT神奈川芸術劇場で上演された。「失われた記憶の劇場」に集結したのは実力派キャスト、山本耕史・美波・森山開次・江波杏子。三宅純率いる11名の音楽家。100人超のオーディションから選ばれたダンサー4人、個性際立つキャスト・スタッフとともに、異種交配と称される三宅の音楽から想起されるイメージを白井の透徹した美学で音楽・ダンス・演劇を交えて構成した『Lost Memory Theatre』は、音楽と舞台芸術の新しいあり方を模索する、白井のアーティスティック・スーパーバイザー(現・芸術監督)就任第一作に相応しい挑戦であった。

 それから4年、2018年11月23日に【Lost Memory Theatre 】と題した、三宅純のコンサートが劇場版の舞台となったKAATで開催される。3部作の完結編『Lost Memory Theatre act-3』を完成させたばかりの三宅がどのような音楽を展開するのか、早くも期待が高まっている。

 今回はそのプレイベントとして、あくまで劇場の資料として撮影された記録映像、劇場版『Lost Memory Theatre』として特別に上映する。さらに上映後は三宅純と白井晃による、楽曲の背景や舞台制作秘話などを巡るトークで、様々な角度からその魅力に迫る。

◎イベント情報
【劇場版『Lost Memory Theatre』記録映像上映会&Talk session】
2018年6月12日(火)
東京・代官山 晴れたら空に豆まいて
OPEN 18:00 START 18:30
出演:三宅純 /白井晃

関連記事リンク(外部サイト)

飛騨エリア初の本格ジャズフェス【飛騨高山ジャズフェスティバル2018】5/26に開催
青春ジャズ漫画『BLUE GIANT』初のライブイベント開催決定 第1弾アーティストにケンドリック・スコット・オラクル
【東京・春・音楽祭】現代美術と呼応するホルンの音色、VOCA賞受賞作品から着想された新作も

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。