体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

故プリンスの未発表曲ニューAL、2019年にTIDALからリリース

故プリンスの未発表曲ニューAL、2019年にTIDALからリリース

 2019年に故プリンスの未発表曲ニュー・アルバムがTIDALからリリースされることが発表された。TIDALのオーナーであるジェイ・Zが直接プリンスの管理財団と協力して選曲する。

 管理財団とTIDALはプリンスの楽曲のストリーミングに関して係争中だったが、2018年5月9日に遺言検認裁判所で協定が認められ、両者間の争いに終止符が打たれた。TIDALはプリンスが亡くなる前に2015年発表のアルバム『ヒット・アンド・ラン フェーズ・ワン&ツー』を配信する権利を得ていたが、他のアルバムに関する権利を巡ってプリンスのレーベルNPG Recordsと音楽出版会社NPG Music PublishingがTIDALを相手取り法廷で争っていた。

 ニュー・アルバムはリリース後2週間はTIDAL限定で配信され、その後フィジカル・フォーマットで発売される。また、リリースから7日後にダウンロードも可能になるとのことだが、他のストリーミング・サービスで配信されるかは不明だ。

 ジェイ・Zは声明で、「プリンスが望んだ通りに彼の音楽をファンと共有することが我々の目標だ。彼と思慮深く誠実な会話を交わした後、彼は“ヒット・アンド・ラン フェーズ・ワン&ツー”のパートナーとしてTIDALを選んでくれた。我々はこの新しいコレクションでも引き続き彼の不朽の遺産と望みを敬い、称えていく」とコメントしている。

 プリンスの管理財団を代表し、トロイ・カーターは、「この件が解決され、このアルバムでプリンスとTIDALの関係に敬意を払えることを大変嬉しく思っている。ファンが新しい音楽を聴き、プリンスの才能を体験できることを楽しみにしている」とコメントした。

 このニュー・アルバムにはプリンスのワーナー・ブラザース時代の楽曲は含まれない。プリンスの管理財団のエンターテインメント・アドバイザーを務めるトロイ・カーターは、2018年9月にワーナー・ブラザースからも別の未発表曲アルバムが発売されると明かしている。

関連記事リンク(外部サイト)

故プリンス、未発表曲アルバムが秋にリリース
プリンス追悼コンサートに本人がスクリーン出演! マイケル・ジャクソンのカバーも披露
故プリンス、「ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー」未発表オリジナル・ヴァージョンの配信開始

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。